カテゴリー「名古屋食べある記」の3件の記事

丸八食堂

1008161 一夜明けてホテルを後にし、一路名古屋城へ。

名古屋は今年開府400周年ということで、いろんなイベントが企画されており、この名古屋城でも前日まで宵祭りが行われていました。

またこの開府400年マスコットキャラクターが”はち丸”というやつで、娘は”ぜんまいざむらいだ!”と何度も間違えていましたが、そう言えば一時似すぎていて一悶着あったとニュースでやっていたような・・・。

ちなみに、名古屋の市章が○の中に八を書いたもの。

そういう訳で、名古屋名物を集めた”丸八食堂”がこの旅最後に訪れた店。

1008165 私は矢場とんの味噌カツ丼を注文。

八丁味噌を使った甘味噌ダレは確かに好みが分かれるでしょうね。 私も愛知出身で免疫があるから許せますが、他県だったら受け入れる自信はない。。。

基本、ご飯にはしょっぱい物が合うと信じて疑わない人ですから。

鳥笑

1008153 実家で二泊した後は名古屋で一泊。

名古屋で板前として働いている友人の紹介で、栄の”鳥笑”に行ってきました(写真は手羽先の唐揚げ)。

焼き鳥とワインの店ということでしたが、子連れで予約したこともあり、半個室に通され気兼ねなくゆっくり愉しむことができました。

1008154 焼き鳥も一通り美味しかったですが、特に子供用にと頼んだ親子丼が絶品。

三河鶏を使っているとのことですが、肉が一度あぶってあり香ばしく、子供にやるのがもったいないくらい。

1008155 こちらは”三河鶏唐揚げのタルタルソース”。

キュウリやコーン、パプリカが入った彩り豊かなタルタルソースが変わっていて、これも美味しかったです。

1008151_3 店を出た後はテレビ塔の展望台へ。。。

名古屋の夜を満喫しました。

あつた蓬莱軒のひつまぶし

1008131 お盆の帰省。

これまで、名古屋は新幹線の乗り換えだけで素通りしていたので、今年はちょっと観光もしつつ名物をいくつか食べてきました。

名古屋到着初日、熱田神宮に参拝しつつ”あつた蓬莱軒”神宮店のひつまぶしが最初のターゲット。

JR熱田駅から汗だくで店頭にたどり着くと、開店(11:30)からわずか10分しか経っていないのに、既に1時間半待ちの大混雑。仕方がないので、記名した後、本殿を参拝するも時間をもてあまし、暑さと空腹に耐えようやくありついたのが・・・。

1008132 思ったより小振りで年季の入ったおひつを開けると・・・。

たっぷりとタレのかかったご飯が見えないほど鰻がぎっしり並べられていて、その光景は空腹も手伝ってちょっと感動もの。。。

マニュアルに従って、全体を四等分し、一杯目はそのまま、二杯目は薬味(ネギ、ワサビ、海苔)を添えて、三杯目はお茶漬けに。

四杯目はお好みで、と言うことだったので残りの薬味を全部のせていただきました。

”あつた蓬莱軒”のブランドと価格、そして何より待たされての空腹感が合わされば、美味いと言わざるを得ません。

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ