« ワラサ釣り2015 | トップページ | イサキ料理 »

イサキ釣り2018

夏の風物詩、イサキ釣りに行ってきました。今回は会社の同僚9名と棒面丸さんの仕立船。
連日100匹越えの釣果らしいので、期待に胸膨らませ、5:30前に出港。

B792a7cb86094e2ea496452aa5de9780


剣崎沖のポイントには、各船宿から多数の船が密集しており、向かいの船と会話できるほど。

水深35m、棚は上から20〜15m。程なくしてウリンボサイズが揚がり始め、時折中型、30センチ級も混じる。このままだと本当に100匹ペースか?と思われたので、小さいのはバケツに生かしておいて、後からリリースできるようにしておいた(結局、全部持ち帰ったんだけど)。

Da1d36e692a04b7f805e61bfae34d9e8

ただ、流石にイサキばかりで飽きてきて、イワシの群れが入ってきたので、先日購入して持ち込んでいたエギング竿でジグサビキ。これが仕立船のいいところ。中層くらいを適当に探っていると、突然強い引き。大きく右に走ったかと思うとジャンプ!

シイラだ‼️

少しずつ巻いて近づけるも、あっという間にドラグが出て次は大きく左に走り、再びジャンプ!ここで針が折れてあえなくバラシ。。。80センチはあったかなぁ、残念。

その後もジグを変えて何度か試すもアタリなし。相変わらずイワシの群れでイサキが食う前にはりを占拠してしまうので、次はこのイワシを使って落とし込み。置き竿にしてるだけで、アカハタとカサゴをゲット。ただ、根が厳しい場所で、結局持っていた針を全てロストしてこの釣法も断念。

再びイサキ釣りに戻ると、ゲストにマルソウダとメジナも顔を出し、これで五目達成。


D6cda18605e641a4aa7ed56bfc94c2f4


海上はやや風があったものの、実はこれのおかげで涼しかったことを帰港して実感。船宿に戻ると暖かいうどんが用意されていて、汗をかいた後のしょっぱいものは実にありがたい。

量・質ともに大満足の釣行でした。

さて、これから料理だ。

« ワラサ釣り2015 | トップページ | イサキ料理 »

釣り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ