« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月の3件の記事

サンクスギビング(2)

昨日、ボスの家でパーティーがあったばかりですが、今日は家でホームパーティーをすることになっていました。

私がどうしても自分でターキーを焼きたくて、躊躇していたご近所さんを呼んだというのがきっかけ。

1311291
今回用意したのは12ポンドですから6キロ弱といったところでしょうか。

1311292
袋を開けてみると中からきちんと処理された内臓が出てきました。ハツ、レバー、ボンボチは一つづつ有りましたが、ネックが二本、二個あるはずの砂肝が一個しかないのが納得いきません。。。

ネックは野菜スープストックでしっかり煮込んで、グレービーソースのベースに。

他の内臓も捨てるのがもったいないので、ハツと砂肝はさっとボイルしてニンニクポン酢に漬け込んで。レバーとボンボチは韓国風焼き肉ソースにからめて焼いてみることに。これが思いの外好評でした。

さて、本体はブラインという胡椒とハーブが効いた塩水に一晩漬け込みます。こうするとターキーがぱさつくことなくふっくら仕上がるんだそう。ターキーが一匹入るジップロックとハーブがセットになってキットとして売ってました。

また今回はスタッフィングと言って、細かくちぎったパンとニンジン、タマネギ、セロリ、マッシュルームを炒めたものをターキーの中に詰めてます。

事前に温度計も用意し、結局トータル3時間焼きました。で、できたのがこちら。

1311293
今回こちらに来て初めてオーブンの棚を一つ外すことに。これまでの料理にはオーバースペック気味のオーブンでしたが、今回はついにその能力が発揮された気がします。

サンクスギビング(1)

1311281_2

アメリカは現在サンクスギビングでお休み中。

今日はボスの家のパーティーに招待され行ってきました。

研究員全員に招待メールが来た時、当然皆行くものだと思って家族同伴で伺うと即答したものの、アメリカ人は皆自分の親戚と過ごすといい、結局ラボから行ったのは私だけ。

ただ、ボスの親戚や友人も招待されており、賑やかな会になりました。

中国系アメリカ人のボスだけに、料理も何だか中華系でしたが、ターキーは奥様のスペシャルソース(これもオイスターソースベースの中華系)とともに絶品でした。

同席した方々も皆中国系の方でしたが、日本住んでいたことがあったり、アニメにすごく興味があったりと共通の話題も有り、とても和やかな雰囲気でした。

ただ、本国の方ではお互い不穏な空気が流れているみたい。。。

結局、国対国がどうであれ、個人的な付き合いには一切関係ないんですけどね。でも、出会った人でその国の印象は大きく変わることは確かです。

私と出会った人が日本に対していいイメージを持ってくれるよう常に心がけています。

七面鳥

1311171
彼の名前はCasper。今年のサンクスギビングが終わる頃には誰かのお腹の中に。。。

今日はファーマーズマーケットに行ってきました。スーパーでも七面鳥をよく見かけるようになりましたが、やはり本物を見るとそのグロテスクな顔にちょっと引きます。。。

子どもたちも怖がって遠巻きから見てましたが、パックされる前の姿もちゃんと知らないとね。お肉を食べることに改めて感謝です。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ