« さつま | トップページ | サンディエゴ出張(2) »

サンディエゴ出張(1)

25日(火)~29日(金)までカリフォルニア州・サンディエゴでの学会に参加するため出張でした。

と言っても学会自体は3日間で前後は移動日。その間、飛行機社会アメリカの常識に苦しめられることになりました。

当初の予定では最寄りのBaltimore/Washignton国際空港からテキサス州・Dallas/Fort Worth国際空港経由でサンディエゴに行く予定でしたが、当日整備不良で飛ばないという。

カウンターで担当者が首をひねりながら提案してくれたのは、タクシーで約50分のRonald Reagan Washington 国際空港からニューヨークのJFK国際空港まで行き、そこからサンディエゴまで飛ぶというもの。

今日中に着く便はそれ以外に無いというから従わざるをえない。

しかし、JFK空港からの便も搭乗時間が遅れ、更には滑走路の大渋滞で、結局当初の予定よりトータル6時間遅れで午後10時過ぎにサンディエゴに到着。

ホテルに着いたのは11時で、西海岸と時差が3時間あることを考慮すると、自宅を朝8時過ぎに出たので実に18時間の長旅。日本からの直行便と変わらないんじゃないかな。

1306291
日本だったら10分遅れても航空会社は平謝りでしょうが、こちらは会社側も乗客側も慣れたもの。飛行機は遅れるものという大前提があるのでしょうか。

飛行機の乗り換え時間の過ごし方も皆心得たもので、空港のありとあらゆるコンセントが、携帯電話やポータブル端末の充電で埋まっており、地面に座ってゲームや居眠りする若者の姿も。

ただ、小さい子連れにはやはりきつい。

今回は一人でよかったとつくづく思うのでした。

« さつま | トップページ | サンディエゴ出張(2) »

ボルチモア留学記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« さつま | トップページ | サンディエゴ出張(2) »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ