« 床屋 | トップページ | 衝動買い(1) »

免許

昨日、今日と雨が降り肌寒い日が続いています。

こちらへ来て2ヶ月、いよいよ最後の懸案であった運転免許取得にとりかかりました。

メリーランド州では、日本の国際免許から変更するのに、筆記試験と実技試験の他にアルコール-ドラッグ試験にパスしなければなりません。

アルコールとドラッグが運転にどのような影響を及ぼすかをインターネットカリュキュラムで受講した後、わざわざテストを受けに行かなければなりません。コカインからクラックの作り方なんかも勉強しましたが、試験には出ませんでした。。。

合格すると証明書をもらうのに$40。

先週、この試験を合格点スレスレでパスし、昨日、筆記試験を受けて来ました。

国は違えど所詮一般常識。どうせ一年しかいないのだし、とにかくこの手の試験にはなるべく時間と労力を掛けたくないと思ったのが間違いでした。

結果はあっけなく不合格

試験場であるMVAは車の登録でも行きましたが、とにかく終日混雑していて1,2時間待たされるのは当たり前。またこれをやり直し不毛な時間を過ごさなければならないかと思うと、本当にガックリ来ました。

遅れて午後からラボに行くと、事前に理由を伝えてあったケニア人留学生が、

”どうだった?”

”だめだった。。。”

”なぜだ?理由は?試験官は何か言っていただろ?”

なぜって、知識が足りなかったんだから仕方がない。

"Oh, I'm sorry..."

まさか筆記試験で落ちるとは思っていなかった彼の気遣いに、ますますショック。

帰ってiPadアプリの模擬試験で満点を連発するまで猛勉強し、今日リベンジして来ました。

そして無事合格(25問全問正解!)。

続いて実技試験は自分の車で行うのですが、私のYaris(日本名:Vitz)に乗ってきたのは100キロはゆうに超えた巨漢の黒人試験官。足がはみ出しギアレバーに当たってる!

外は肌寒く暖房をつけていると、おもむろに窓を開けるので、

”暑いか?”

”まあな。”

”じゃあ冷房に。。。”

”Defrost(除霜)にするといい。”

オーディオも切り、緊張感の中、冷房の音だけがやたらと響く車内。

こんなやり取りから始まった試験だったが、縦列駐車、車庫入れ、一般道試験を何とかクリアし、こちらもめでたく合格

ついに免許を手に入れました。

渡米後2ヶ月にしてようやくアメリカ住民として認められた気分です。

« 床屋 | トップページ | 衝動買い(1) »

ボルチモア留学記」カテゴリの記事

コメント

お久しぶり~
無事合格おめでとう!読んでいて大変さが伝わってきたよ。
ハラハラしながら読んでしまった!お疲れ様でした。
もう二ヶ月なんだね。
どんな生活をしているのか、ブログを通して良く分かるで楽しみにしていまーす♪

お久しぶり!コメントありがとう‼
こちらも時々ブログを覗かせてもらってます。
二ヶ月たち、最近ようやくアメリカにいることを忘れ日常生活が日常になってきました。
そういえば今日、娘が“l(エル)“と“r(アール)“の発音を無意識に使い分けていることに驚きました。
間も無く妻のブログも再開される予定なので、お楽しみに。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 床屋 | トップページ | 衝動買い(1) »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ