« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月の6件の記事

免許

昨日、今日と雨が降り肌寒い日が続いています。

こちらへ来て2ヶ月、いよいよ最後の懸案であった運転免許取得にとりかかりました。

メリーランド州では、日本の国際免許から変更するのに、筆記試験と実技試験の他にアルコール-ドラッグ試験にパスしなければなりません。

アルコールとドラッグが運転にどのような影響を及ぼすかをインターネットカリュキュラムで受講した後、わざわざテストを受けに行かなければなりません。コカインからクラックの作り方なんかも勉強しましたが、試験には出ませんでした。。。

合格すると証明書をもらうのに$40。

先週、この試験を合格点スレスレでパスし、昨日、筆記試験を受けて来ました。

国は違えど所詮一般常識。どうせ一年しかいないのだし、とにかくこの手の試験にはなるべく時間と労力を掛けたくないと思ったのが間違いでした。

結果はあっけなく不合格

試験場であるMVAは車の登録でも行きましたが、とにかく終日混雑していて1,2時間待たされるのは当たり前。またこれをやり直し不毛な時間を過ごさなければならないかと思うと、本当にガックリ来ました。

遅れて午後からラボに行くと、事前に理由を伝えてあったケニア人留学生が、

”どうだった?”

”だめだった。。。”

”なぜだ?理由は?試験官は何か言っていただろ?”

なぜって、知識が足りなかったんだから仕方がない。

"Oh, I'm sorry..."

まさか筆記試験で落ちるとは思っていなかった彼の気遣いに、ますますショック。

帰ってiPadアプリの模擬試験で満点を連発するまで猛勉強し、今日リベンジして来ました。

そして無事合格(25問全問正解!)。

続いて実技試験は自分の車で行うのですが、私のYaris(日本名:Vitz)に乗ってきたのは100キロはゆうに超えた巨漢の黒人試験官。足がはみ出しギアレバーに当たってる!

外は肌寒く暖房をつけていると、おもむろに窓を開けるので、

”暑いか?”

”まあな。”

”じゃあ冷房に。。。”

”Defrost(除霜)にするといい。”

オーディオも切り、緊張感の中、冷房の音だけがやたらと響く車内。

こんなやり取りから始まった試験だったが、縦列駐車、車庫入れ、一般道試験を何とかクリアし、こちらもめでたく合格

ついに免許を手に入れました。

渡米後2ヶ月にしてようやくアメリカ住民として認められた気分です。

床屋

随分髪が伸びてきたので、初めて床屋に行きました。

アジアンスーパのモールの一角にあり、アジア人の髪質にも慣れヘアスタイルの好みも心得ているだろうというのが、妻の読み。

同じアパートに住んでいる日本人は、結構奥さんに切ってもらっている人が多いそう。

床屋を変えるのはただでさえストレスだし、英語で細く好みを説明したり、切ってもらっている間のトークを考えると、足が遠のくのも分からないではない。

とはいえ、ネタの一つとして今回トライしてみました。

とりあえず、2ヶ月前に切ったので、伸びた分だけ切ってくれとお願いしてみると。。。

私はメガネを取られると何も見えないので、途中経過は全く分からない。いきなりバリカンで刈られ始め、どれだけ真っ青な刈り上げになっているかと思いましたが。世間話をしながら、15分ほどすると、

" はい、2ヶ月前に戻ったでしょ?"

担当してくれたおばちゃんの言葉通り、¥4,500とっていた以前の店長も真っ青の、予想以上の出来栄え。カット$14にチップ$2支払って、Everything OK.

これでまた一つ、生活の幅が広がりました。

ボルチモアの桜

1304101
先週はまだ冬物のジャンパーが必要なくらい寒かったのに、今週に入って急激に気温が上昇。今日は最高気温34℃と真夏を思わせる陽気でした。

ボルチモアの桜も一気に満開になりました。

日本から春物の服も持ってきましたが、ほとんど着ることなく夏物の出番です。。。

バイランチ

昼食は弁当を持って行ってますが、週に一度は外で買うことにしています。

1304091

こちらはラムとチキンのミックスランチ。移動販売車でいつも大学近くにやってきて、ちょっとした行列もできる人気店。チリソースとマヨネーズソースが効いていて、マイルドな辛さがクセになる、ケニア人留学生おすすめの一品。ジュースがついてボリューム満点の$5.99。

1304092
こちらは、韓国料理店のテイクアウト。ナムル以外は基本キムチベースの辛い系です。こちらは量り売りで$8.00/1lb。

1304093
こちらは隣の大学病院のカフェテリアで買った、ローストビーフのラップとクラムチャウダー。注文するとおばちゃんが目の前で巻いてくれます。細かい注文もできるようですが、さすがにハードルが高い。今回は”本日のおすすめ”。大学関係者割引-10%がきいて$7.23。

昼食は部屋のメンバーがなんとなく誘い合って、いつも一緒に食べています。それぞれの弁当を見比べたり、食文化について話をするのはなかなか面白いです。




ワシントンの桜

1304061
週末、ワシントンの桜を見に行ってきました。

昨年は3月中旬に満開を迎えたワシントンの桜。この週末は全体的には1-2分咲き、ところによっては3分咲の場所もちらほらありましが、残念ながらちょっと早かったですかね。

それでも天気は二日とも快晴、イースター休みの最終日ともあって、大混雑でした。

1年間の留学で、桜のチャンスは1回だけ。当初から必ずこの時期に行きたいと思っていたので、とりあえず願いはかないました。

1304062_2
そして、どうしても見ておきたかったリンカーン像とそこから見たワシントンモニュメントの眺め。映画フォレスト・ガンプでもおなじみ(モニュメントは現在改修工事中)。

モニュメントの向こうには国会議事堂が一直線に並び、リンカーンが正当な民主政治が行われているか、今でもにらみを効かせているという構図になっています。

この全長3キロ近い公園をはさんで両側にスミソニアン博物館が並ぶわけですが、その都市計画のスケールの大きさと、空の広さに感動し、是非また訪れたいと思いました。

このあと、いくつかスミソニアン博物館をまわり、夕食はホテル近くのメキシコ料理店、”Austin Grill”へ。

1304063
タコスはおかわり自由で、値段もリーズナブル。

さて今回のワシントン旅行で、サプライズな出来事が。。。

レストランの席を予約し、時間までぶらぶらしていると、何とワシントンに学会聴講に来ていた会社の先輩らと道端でバッタリ遭遇。本当にびっくりです。

証拠の写真まで撮られてしまいましたが。。。

留学が始まって一ヶ月。すっかり浮かれていましたが、先輩らの顔を見てちょっと現実に引き戻されました。

開幕戦

今週からメジャーリーグが開幕。

地元、ボルチモアオリオールズはタンパベイとの3戦を2-1で勝ち越し、今日が本拠地カムデンヤード球場での開幕戦。

試合は金曜というのにデーゲームで、朝の通勤電車から既にファンがちらほら。研究室はこの球場から5分のところにあります。

道行く人や研究室建物内にも、オリオールズカラーのオレンジや黒のTシャツ、帽子をかぶった人がいつもよりたくさん目に付き、なんだか街全体がそわそわしている雰囲気。

3時を過ぎると、研究室のアメリカ人がネットで観戦し始め、一喜一憂する声が隣の部屋まで聞こえてくる。

試合は先制するも逆転され、その後追いつくが突き放される展開。しかし終盤8回、開幕から絶好調のオリオールズ、クリス・デイビスによる逆転満塁ホームランで勝負あり。

その結果を見届けて、近所に住んでいるアメリカ人とともに研究室を後にすると。。。

駅に着く頃、球場方面からはどんどん帰宅するファンが流れてきていました。電車もオリオールズファンで満員。日本の通勤電車を思い出しつつ、とりあえず乗るには乗ったが、球場から来た乗客は皆酔っ払いで大騒ぎ。

あちらで誰かが何か言うと、こちらでまた誰かが受け答え大笑い、同僚のアメリカ人もしらふにもかかわらず応戦。

スポーツを介し一体感を楽しむアメリカの文化を垣間見た気がしました。

オリオールズが所属するアメリカンリーグの東地区にはヤンキースもいて、イチローを間近で見るチャンスもありそう。日本に比べチケットも安いし、なにより球場が研究室の目と鼻の先なので、是非何度か試合を見に行きたいと思っています。

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ