« 食生活 | トップページ | 初登校 »

初出勤

ボスが出張の関係でラボに行くのが遅れていましたが、今日が初出勤でした。

1303141_2

実はダウンタウンに行くのはこの日が初めて。かねてより治安の悪さが指摘されておりさすがに不安があったので、同じアパートでメリーランド大学に通っている日本人の方に、車で一緒に乗って行ってもらいました。

この日は、車を大学病院の駐車場に停め5分ほど歩いてIHVの建物へ。身分証明書としてパスポートを提示し入館できたものの、教授室へ行くと誰もいない。

結局人に聞いてラボを見つけ中に入ると、既に私が来ることを知っていたようで、快く迎え入れてくれました。日本から持ってきた実験道具や身の回りのものが車においてあったので、台車を借りようとすると、車を建物下まで持って来くれば台車を持っていって手伝ってやるという。

パーキングに停めていたので、一旦車を出すとお金がかかるなと思いましたが、せいぜい数ドルだろうしここはしょうがないと駐車場に戻り精算すると。。。

何と、そのパーキングは1時間以下でも1日$25!結局もう一度入れなおし、今日だけで$50も駐車場代を取られてしまいました。

事前に日本人の方から、大学関係者であれば割引券がもらえると聞いていましたが、今日は完全にビジター扱いで、全く取り合ってもらえませんでした。

今後この駐車場問題はあとを引きそうな予感。

さて、建物中は3Fから吹き抜けでとても明るく、どこかのショッピングモールのよう。

1303142
ただ、やはりアカデミックの場。細かいところはごちゃごちゃしていて、私が与えられたベンチも前任者の遺産が残っていて、まず自分の荷物を広げる前に掃除が必要でした。

1303143
引き出しの中のものも思い切って捨ててやりましたよ。一応エバポレーターは一台あてがわれ、別の部屋ですが一年以上動いていないバイオタージの自動精製装置が一台ありました。ただ、ディスポのカラムを継続的に買えるのかどうか。。。

ボスはたまたま席を外していただけでした。引越しや家族のことなどを心配してくれるとともに、たとえ一年間でも論文を出すことがとにかく重要だと強調されました。実は今日までemail以外でコンタクトをしたことがありませんでした。そんなんでよく私をとってくれたなと思いますが、第一印象は良好。今後ボスの性格を見極めていく必要があります。

私の世話係になった同じ合成系の同僚は、ケニア出身のドクター3年生J氏。非常に親切で、いろんな申請手続きにもついてきてくれて助かりました。今後彼との付き合いが私の研究生活で重要になることは間違いありません。

昼食はどうしているのかと聞くと、隣の病院の食堂に連れて行ってくれました。サンドイッチやフライドチキン、寿司もありましたが、今日はラビオリをテイクアウト。

1303144
見た目はとても美味しそうで、最初の数口はよかったのですが、後半きつくなるオイリーなひと皿。これを続けていたらやばい!という危機感を感じました。

手続き上でひとつ失敗。

今回はJ-1ビザを取得していて、入国後10日以上過ぎたらSSN(Social Security Number)の申請をするためにSSAへ行くことと指示されていたのですが、入国後ではなく大学でDS-2019のプログラムを開始してから10日以降ということだったようです。

実は2日前にSSAへ行ったのですが、プログラムが開始されていないことで申請ができませんでした。大学で手続きをすれば書類が送られてくるので、再度来る必要はないと言われましたが、結局大学側に確認すると、もう一度SSAに行く必要があると言われてしまいました。

この辺は、人によって言うことが違うアメリカ。まあ、取り返しがつかない間違いではなかったので良しとしよう。

ラボのメンバーは私を含め7名で思ったより少ない。ただ、建物全体のセミナーが隔週であるようで、いろんな分野や国籍の人と交流ができそう。日本人はおらず、ここから私のサバイバル英語が試されます。

« 食生活 | トップページ | 初登校 »

ボルチモア留学記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 食生活 | トップページ | 初登校 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ