« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月の13件の記事

イースター

今日31日はイースター(復活祭)だそうです。

こちらへ来た当初から、イースターグッズが売られていて、カラフルな卵とかグリーンの小人とかウサギとか、そんなものかと眺めていましたが。

以前より気になっていたアウトレットモールがイースターセールとかでさらに安売りしていたので、出かけることにしました。

しかし!

到着してびっくり!何と今日はイースター当日でお休みでした!!

(オフィシャルサイトにはそんなこと一言も書かれていなかったのに)

どうやらお店は昨日最大の盛り上がりを見せて、今日は店員も家族で過ごす日なのでしょう。文化の違いを感じつつ、仕方ないのでボルチモアのインナーハーバーまで戻り、周りを散策することに。

1303311
今にも雨が降りだしそうな天気でしたが、潮風を感じ港町であることを実感しました。

(ここでも閉まっているお店が目立ちました。)

ボルチモアはシーフードが美味しいということで、昼食をBUBBA GUMP SHRIMP CO.という港を見渡せるレストランでとることに。

1303312

こちらは名物クラブケーキのサンドイッチ。クラブケーキとはカニの身をつなぎとともにこねて焼いたもの。カニの味が濃い!。意外とポテトフライとその横についてたソースが美味しかった。

1303313
こちらはお店の名物エビの蒸し焼き。奥のアルミ鍋に入っていて、皿にバサッと出して食べるのだそう。味は3種から選べて、私たちはガーリックスパイスにしました。プリプリのエビにガーリックバターが効いて、ビールが飲みたくなる一品。

3月末日とはいえまだまだ風は冷たい。インナーハーバーはこれからもっと暖かくなると潮風ももっと気持ちよく感じられるでしょう。

食生活(2)

妻がアパートの先輩日本人からいろんなお店の情報を仕入れてきてくれるので、週末はそれらをはしごしています。

1303301
こんな丸鶏のグリルがたったの$5!

1303302
キムチも子供用のバケツサイズ。これでも1週間で半分食べてしまいました。本物のバケツサイズにしておけばよかったか。。。

1303303

キッチンのビルトインオーブンの使い道についても教えてもらいました。冷蔵庫にあった野菜に塩とオリーブオイル、ハーブをちらしてグリルするだけ。野菜の甘みが凝縮して美味しい!特にかぼちゃと玉ねぎは最高!!

この他、昼食には日本から持っていったパン焼き機で生地を作り、ロールパンにも挑戦してみました。

先輩の情報は貴重です。

ライトレール

三月も末というのになかなか暖かくなりません。

と思って、朝起きたら一面雪で真っ白でした。

1303251
写真はリビングからの様子。

娘の学校は休校が早々に決定。

私は、雪道の運転には慣れていないし、迷った挙句今日はライトレールを使っていくことにしました。ライトレールとはダウンタウンを抜けてボルチモア・ワシントン国際空港までつながっている電車のこと。

最寄り駅までは1マイル(1.6km)。さすがに雪の中を歩いて行く気になれず、駅までは車でゆっくり行くことにしました。車内は通勤時間にもかかわらず余裕で座われました。大学までは8駅、約25分程度。

市内を走る姿は、都電荒川線に似てます。

1303252
市内に入ると、雪もさほど積もっておらず、研究室の皆も普通に出勤。これは無理してきてよかった。

ダウンタウンは治安が心配され、このライトレールもなるべく運転手の近くに乗ることを勧められてましたが・・・。

帰りはジーンズをお尻まで下げて騒いでいる黒人の若いグループが乗ってきましたが、こんなのは日本でもあるにはある。最寄駅ひとつ手前でなぜか長時間停車していると思ったら、警官らしき人が乗ってきて隣の車両の一人を連行していったのは謎ですが。。。

まあ、でも無事に帰ってこられたし、ひとつ選択肢が増えました。駐車場の心配もしなくて良いし、一日乗車券$3.5で、駅まで歩けばいい運動にもなる。

また一つ、こちらで生活するうえで自信がつきました。

(後日加筆: 警官に連行された人はどうやら無銭乗車だったようです。一発で警察行きとは、誠実さを重視するアメリカらしい。)

主治医

娘が喘息持ちであることと、キンダー入学のための予防接種のため、小児科の主治医を決める必要があります。

同じアパートの日本人に紹介してもらい、予約してようやく今日、息子も一緒に診察してもらいました。

とてもにこやかな優しい先生で、日本人にも理解があり評判通りの良い先生でした。
B型肝炎がもう一回必要とは思っていましたが、その他にポリオと水疱瘡の追加が必要と言われ3本。プラス血液検査。

息子の方も、B型肝炎にMMR、水疱瘡とHibの計4本。

ワクチンの摂取回数は国によって異なりますが、これらを同時にやると言うのは日本では考えられません。そして、その摂取方法の違いにも驚愕することになりました。

にこやかな先生が去った後、注射用に現れたのは驚くほど愛想のない黒人看護師。

血液検査で既に大泣きしている娘に

“あと何回?“

と聞かれ、さすがに“3回“とは答えにくいなと思っていると、もう一人看護師が登場。

スカートを下ろしてと言われ、高い診察台に座っている娘の膝下を体で押さえ、両手を持つよう指示されると、両側から腿へ

“ブス、ブス、ブス!“

上着を脱いで腕を出してスタンバッていた息子も、ズボンを下ろされ私に両膝下、両手を押さえられて、両腿に二本ずつ

“ブス、ブス、ブス、ブス!“

あまりの豪快さに、思わず妻と笑ってしまいました。

日本だったら何度も病院に連れて行きその都度泣かれてこちらもクタクタになるところですが、泣くのは何本打っても一回だけ。最後にシールをもらえばニコニコ。

日本はワクチン後進国と言われますが、その意味を肌で感じる経験でした。

駐車場

1303191
通勤にはYarisを使っています。

今朝はちょっと出足が遅れたため、勤務先建物近くの駐車場スペース(基本路駐です)はほとんど満車。それでも何とか見つけたスペースに、久しくやっていない縦列駐車。5、6回切り返してなんとか停めました(芸術的!?)。

それでも$1/hで、4時間おきに更新しなければなりません。ちょっと離れたところにフリーのスペースもあるのですがさらに競争率は高い。

こちらの朝は、駐車スペース争いから始まります。

初登校

こちらに来て三度目の月曜日。今週から、いよいよ長女もキンダーに初登校です。

キンダーは日本の幼稚園にあたるという認識でしたが、小学校と全く同じ敷地内の同じ校舎で、小学校の子達と同じスクールバスで行きます。

日本で保育園を転園した際、新しい環境に慣れるのに本当に苦労したので、今回の渡米でも娘の学校が最懸案事項でした。

こちらへ来て、同じアパートに住むキンダーの子を探して事前に挨拶に行ったり、入学準備の買い物で気分を盛り上げたりと、いろいろ手を尽くしてきました。

もちろんその効果もあったでしょうが、彼女の中にも覚悟があったのでしょう。結局初日から一度も泣かずにスクールバスに乗って帰ってきて、興奮気味に一日あったことを話す様子を見ると、気づかぬ間にずいぶん成長していたんだなと。。。

矛盾してしまいますが、少し寂しいくらいに感じました。

何とか初日を乗り切り、ようやく私も頭を仕事に切り替えられます。

 

初出勤

ボスが出張の関係でラボに行くのが遅れていましたが、今日が初出勤でした。

1303141_2

実はダウンタウンに行くのはこの日が初めて。かねてより治安の悪さが指摘されておりさすがに不安があったので、同じアパートでメリーランド大学に通っている日本人の方に、車で一緒に乗って行ってもらいました。

この日は、車を大学病院の駐車場に停め5分ほど歩いてIHVの建物へ。身分証明書としてパスポートを提示し入館できたものの、教授室へ行くと誰もいない。

結局人に聞いてラボを見つけ中に入ると、既に私が来ることを知っていたようで、快く迎え入れてくれました。日本から持ってきた実験道具や身の回りのものが車においてあったので、台車を借りようとすると、車を建物下まで持って来くれば台車を持っていって手伝ってやるという。

パーキングに停めていたので、一旦車を出すとお金がかかるなと思いましたが、せいぜい数ドルだろうしここはしょうがないと駐車場に戻り精算すると。。。

何と、そのパーキングは1時間以下でも1日$25!結局もう一度入れなおし、今日だけで$50も駐車場代を取られてしまいました。

事前に日本人の方から、大学関係者であれば割引券がもらえると聞いていましたが、今日は完全にビジター扱いで、全く取り合ってもらえませんでした。

今後この駐車場問題はあとを引きそうな予感。

さて、建物中は3Fから吹き抜けでとても明るく、どこかのショッピングモールのよう。

1303142
ただ、やはりアカデミックの場。細かいところはごちゃごちゃしていて、私が与えられたベンチも前任者の遺産が残っていて、まず自分の荷物を広げる前に掃除が必要でした。

1303143
引き出しの中のものも思い切って捨ててやりましたよ。一応エバポレーターは一台あてがわれ、別の部屋ですが一年以上動いていないバイオタージの自動精製装置が一台ありました。ただ、ディスポのカラムを継続的に買えるのかどうか。。。

ボスはたまたま席を外していただけでした。引越しや家族のことなどを心配してくれるとともに、たとえ一年間でも論文を出すことがとにかく重要だと強調されました。実は今日までemail以外でコンタクトをしたことがありませんでした。そんなんでよく私をとってくれたなと思いますが、第一印象は良好。今後ボスの性格を見極めていく必要があります。

私の世話係になった同じ合成系の同僚は、ケニア出身のドクター3年生J氏。非常に親切で、いろんな申請手続きにもついてきてくれて助かりました。今後彼との付き合いが私の研究生活で重要になることは間違いありません。

昼食はどうしているのかと聞くと、隣の病院の食堂に連れて行ってくれました。サンドイッチやフライドチキン、寿司もありましたが、今日はラビオリをテイクアウト。

1303144
見た目はとても美味しそうで、最初の数口はよかったのですが、後半きつくなるオイリーなひと皿。これを続けていたらやばい!という危機感を感じました。

手続き上でひとつ失敗。

今回はJ-1ビザを取得していて、入国後10日以上過ぎたらSSN(Social Security Number)の申請をするためにSSAへ行くことと指示されていたのですが、入国後ではなく大学でDS-2019のプログラムを開始してから10日以降ということだったようです。

実は2日前にSSAへ行ったのですが、プログラムが開始されていないことで申請ができませんでした。大学で手続きをすれば書類が送られてくるので、再度来る必要はないと言われましたが、結局大学側に確認すると、もう一度SSAに行く必要があると言われてしまいました。

この辺は、人によって言うことが違うアメリカ。まあ、取り返しがつかない間違いではなかったので良しとしよう。

ラボのメンバーは私を含め7名で思ったより少ない。ただ、建物全体のセミナーが隔週であるようで、いろんな分野や国籍の人と交流ができそう。日本人はおらず、ここから私のサバイバル英語が試されます。

食生活

今度のアパートのキッチンは、ガス口が4つに備え付けの特大オーブンもあり、料理はし放題です。

引っ越してからの夕食は・・・

1303121_2

1303122_3

1303123

1303124_2
冷蔵庫も大きいし、スーパーには物珍しいものが沢山有り、2つ買うとディスカウントとか、よせばいいのについ買ってしまいます。

慌てて、体重管理を始めました。

車購入

こちらに来てまず、車を入手しなければならない。

とりあえず最初はレンタカー。生活セットアップのために大物買いが必要なため、SUVを希望すると。。。

1303071

出てきたのは”Infiniti JX”。日産がトヨタのLexasに対抗した高級車ブランドで、日本では”Murano”にあたるモデルでしょうか。

ナビはもちろん、革張りシートにシートウォーマー付きで、ハッチバックの開閉も全自動。3.5Lで滑るように走り出します。

こんな高級車で始まったアメリカ生活ですが、この車を返却するとともに、本日、帰国予定の日本人から車を購入しました。

その名も”Yaris”。日本名”ヴィッツ”です。

アメリカでの車の個人売買はMVA(Motor Viecle Administration)に行って名義変更をする必要があります。

また、売買の際にInspectionという簡単な車の点検証明書を取得する必要があります。このInspectionはMVAのサイトによると買主の責任で行うものとされており、

名義変更(税金)→仮ナンバー発行($128)→Inspection(<$100、30日以内)→本ナンバー発行($128)

という流れになり、結構時間もお金もかかるわけですが、Inspectionを売主側でやっておくと、

名義変更(税金)→本ナンバー発行($128)

となり、時間もお金もかなり節約できます。また、税金は購入金額の6%と決まっており、これは売買する人の間でしか本当のことはわからないわけですので、実は何とでもなるのです。

これらの情報は今回の手続きを行ったことで知ったことだったので、私自身来週もう一台買うときに売主と交渉してみるつもりです。

さて、無事Yarisの名義変更が終わり、売主の家まで送って行ったはいいですが(自宅から約50キロ)、帰り道はたった一人。

事前にナビを入手していたものの、ただでさえインターの入口出口がわかりづらいハイウェイで、もちろん標識の地名もまだほとんど分からず状態。

途中、ナビの"right"と"left"を間違え、片側5車線の右車線から、一気に左車線に移動したときは、クラクションの嵐でヒヤリとしましたが、1.5LのYarisのキビキビとした走りに助けられました。

最初は左車線を逆走しそうになったり、ウィンカーを出すつもりがワイパーを動かしたりとお決まりの失敗をしながらも、なんとかアメリカの車事情に馴染みつつあります。

カイケツ

渡米して一週間になりますが、どうしても我慢ならないことがあります。

それはお尻の話。

アメリカでは日本のようにウォシュレットが無いんです。

中国人旅行客が秋葉原で買うものの上位にウォシュレットがあるという噂だが、この商品は世界に誇れるものといっていい。

とにかくウォシュレットに慣れてしまった軟弱な私のお尻は、紙で拭いただけではどうも気持ち悪い。このままでは痔になってしまうと考えて思いついたののが赤ちゃん用のおしりふき。

下の息子がまだオムツで、日本からある程度持ってきていたのでそれを拝借。これが意外と具合がいい。

これでお尻の問題も解決(快穴)です。

大雪予報

1303061


ボルチモアに到着し、5日目にして初めて朝からすっきりとした晴れになりました(写真はホテルの窓から)。時差ボケには、日光を浴びるのが一番と聞きます。

この日は、子供のKindergarten入園のための面接に行きました。

1303062_4


一転、今日の予報は大雪。ラボのボスからも前日に、”大雪になるから食料を買い込んでおくように”とのメールをいただくほど。

この日はアパートのカーペットを張替える業者が入る予定で、この作業が遅れると入居がさらに遅れるところでしたが・・・。

幸い作業も終わり、明日はいよいよ家具の搬入。船便の到着と続きます。

1303063
1303064_4

幸い雪も雨に変わり、積もる心配がなくなったので、近所のFresh Marketへ食料調達へ。普通のスーパーよりちょい高めのこちらは、優雅な音楽が流れライトアップも一味違い落ち着いてます。野菜もお肉も乳製品もお惣菜も種類、大きさ、量のすべてが物珍しく、ここならずっといても飽きません。

ちなみに、今日はカレーを作りました。バーモントカレー(甘口、10皿分)$4.69。

何が食べたいって・・・

1303041

渡米後、最初に作った料理は・・・”豚汁”です。お味噌の味が恋しくて。

こちらへ来てからというものホテルの朝食、スーパーの惣菜、外食が続き、圧倒的に野菜が不足している。また、子供達の口に合うものが少なく、なんとなく痩せてしまった感も。。。

今日は韓国系スーパー”HMART”に行き、食材を購入。商品に日本語がついているものもあって、早くも懐かしさを感じました。

献立を豚汁に決めて食材を探すと、意外とあるもんですね。

豚肉:韓国系だけにサムギョプサル用厚切り豚バラ

大根:小ぶりですが葉っぱ付き

白菜:キムチ用にもちろんあります

ごぼう:ビッグサイズですがありました

ニンジン、里芋、ごぼう、えのき、ネギ、豆腐は普通にありほぼパーフェクト。

味噌とダシの素は持っていったので、寸胴鍋にたっぷり2日分作りました。

実は、アパート契約はしたものの、カーペットの張替えが必要となり家具、荷物が搬入できずしばらくホテル住まいが続く予定。ただ、キッチンは使えるので、時差ボケでホテルで昼寝している子供の世話を妻に頼み、私一人でアパートのキッチンで作ったのが写真の代物(載せるほどのものでもありませんが)。

タッパに詰めてホテルに持ち帰り、軽く丼一杯はペロリと行ってしまいました。味噌味だけでなく野菜を体が欲していたようです。

ボルチモアに到着

3/1(金) ANA成田発ーワシントン・ダレス空港行き 12時間半のフライトを経てボルチモア市内のホテルに無事到着しました。
130302_2

写真は機内からの朝焼けの様子(シカゴ上空)

ワシントンの天候は小雪がちらつく曇り空。気温4℃。出発した成田が比較的穏やかな陽気だったこともあり、寒さが身に沁みる。

空港からホテルまでハイヤーで移動する間、ハイウェイでは2件の交通事故に遭遇。そのうち一件は車体が大きく破損し、エアバックが出た車内には人がグッタリしており、死んでいるんじゃないかと思うほどの大事故。

無口なドライバーは表情一つ変えないところを見ると、日常茶飯事なのか?

ホテルで日本人エージェントと落ち合い、妻と子供をホテルにおいて、仮契約したアパート見学へ。

"生活のセットアップも含めて苦労してこその留学だ"

そんな上司の意見もありましたが、たった1年の留学期間。また、小さな子供が2人いるということで、なるべく早く安定した状態に持っていくことを優先し日本人エージェントに御願いしました。実際、ちょっとした書類の不備もあり、私一人では入居に10日はかかっていたでしょう。

スーパーで買った夕食を妻と食べて一休みと思ったところに、昼寝をして元気を取り戻した子供らが大フィーバー。その後も時差ぼけで疲れているのに熟睡できず。

まだまだこの時差ぼけには悩まされそう。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ