« 男たちの働き革命 | トップページ | 南房旅行 »

ボイルドローストビーフ

1203041 久しぶりの料理記事更新です。

買い出しに行った先のスーパーで、オージービーフを使ったレシピの紹介をしていました。”ボイルドロースト”ビーフとは何だか矛盾するような面白いネーミング。

”簡単にできますよと”、試食販売するおばちゃんにレシピをもらって試しに作ってみました。

しっかり塩コショウをしたもも肉塊(約400g)を常温に戻し、フライパンで表面に焼き目をつけます。熱いうちに2枚重ねのラップにくるんだものを、ジップロックに入れて熱湯で3分ボイル。その後火を止めて、そのまま40分たったらお湯から引き揚げ、さらに1時間ほど寝かしたら、袋から取り出しスライスします(あふれた肉汁はもったいないので、一緒に作っていたミネストローネの中へ)。

作業自体は単純だけど時間はかかります。。。

切ってみると・・・、まずまずの出来上がり(もうちょっとレアでもよかったか)。

ポン酢系、柚子こしょうもあいますが、最もヒットだったのはわさび塩。静岡に行った際買ってきたのですが使い道がなく忘れ去られていました。

これを使うためにもう一度作ってもいいかな。。。

« 男たちの働き革命 | トップページ | 南房旅行 »

料理」カテゴリの記事

コメント

鳥のムネ肉でやるのもなかなかですよ!焼き目は付けず、工程同じで、お湯のなかで放ったらかし、美味いです!

ネギポン酢なんかで食べたらうまいでしょうね!今度やってみます!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 男たちの働き革命 | トップページ | 南房旅行 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ