« どんと焼き | トップページ | 男たちの働き革命 »

岡崎高校

”これから3年間で、皆さんは生涯の友を見つけることになるでしょう”

高校の入学式の後、担任に言われた言葉だ。

生涯の友かどうか、お互い照れくて言えないが、高校一年の時のメンバーは生涯忘れられないことは間違いない。

年賀状のやり取りで、”今年は岡高メンバーで飲み会でもしたいねぇ。”

そんな社交辞令が数年続き、ついに実現したのが今日の飲み会。

今は酔っぱらっていい気分で書いています。

高校一年のメンバーって、やっぱり何か特別じゃないですか?

小中は自分の生まれた地域で決められてしまうけど、高校は受験を経てある程度価値観を共にできる人の集まり。尚且つ、文系理系に細分化される前で、雑多でもある。

現に今日集まったメンバーも、金融や不動産、都市開発など、普段研究のことばかりの私にとってはとても視野が広がる思いがしました。

震災からの復興関連事業。

生まれ故郷の地域活性化(プライベートで)。

自らの最近の活動を生き生きと語る同級生を前に、自分の会社、部所、チームのことで手いっぱいの自分に反省。

最近つくづく思うのは、学力や知識ではなく人間力の大切さ。

集まればなぜかいつも会話の中心にいる魅力的な人間性。。。

そんなことを帰りの電車で話していると、

”そうやって客観的に総括するあたり、実にお前らしい!”

親友の笑い飛ばしたその一言に救われる高校プチ同窓会でした。。。

« どんと焼き | トップページ | 男たちの働き革命 »

ノンジャンル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ