« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月の2件の記事

カワハギのにぎり

1111051 さて、このカワハギたちをどうやって料理してやろうか。

朝4時起きで一日船に揺られ、往復140km、3時間の運転と釣り道具の片づけを終えると、料理までたどり着くころにはさすがに疲れの色も見えてくるが。。。

それでも頑張れるのは、ただ美味しいものを美味しいうちに食べたいという執念から。

今回はやや釣果が少なかったので、料理に少し時間をかけました。

1111052 こちらは今回初挑戦のカワハギのにぎり(肝添え)。

これはさすがにそこいらの寿司屋では食べられません!

1111053 続いて、こちらはカワハギのお造り、肝醤油と一緒に。

これを食べるために釣りに行っているようなもの。濃厚な肝醤油はもちろんのこと、柑橘系のポン酢ともよく合います。

1111054 こちらはカワハギの煮つけ。

煮つけの肝もまた格別です!

結局、釣ったカワハギ9匹を一日で完食。

前日に買っておいた焼酎も日焼けして疲れた体に染みわたり、充実感いっぱいでバタンキューでした。

カワハギ釣行2011

実に、一年以上ぶりの釣行記事更新です。

休日の谷間に有休をとって、カワハギ釣りに行ってきました。船宿はいつもの松輪・一義丸。

前回、出航一分前に到着という苦い経験から、今回は4時過ぎに出発、出航1時間前には到着しました。

1111041 乗船後、早速前日に購入したロッドキーパーを装着し、使い心地を確認。手返しよくなり、釣果アップにつながるでしょうか。。。

6:45定刻に船は出発。一路、剣先沖へ。

船長曰く、”剣先沖は根も多く、べた底だと仕掛けもなくなっちゃうし、エサ取りばかりが食っちゃうから、ちょっと浮かせ気味で”

この最初の言葉、分かってはいたのですが・・・。

開始後、2,3回場所を変えたところで明らかにこれまでと違うアタリ!ここで二年ぶりのカワハギと再会を果たす。ただ、こちらはワッペンサイズ。二匹目はややサイズアップするも、いやいやさすがにこんなのまで持ち帰ったら調理が大変と、いずれもリリース。

連日、船宿のHPではデカハギが爆釣とあり、その日も良型を20枚は釣り上げるつもりでいましたから。

その後は、ベラやトラギスに邪魔されながらも、キープサイズがポツポツ釣れはじめ、時折24センチクラスも混じる。ただ、とにかくいつもよりエサ取りが多く、二年ぶりということもあり、”例年こんなだったかな、きっとこの後爆釣タイムが来るはず”と期待しながら時計を見ると、折り返しの11時。

ここから絶不調の時間帯に・・・。

周りを見ると確かに食いが渋いものの、一枚、また一枚と釣果を伸ばしている様子。一方、私のにはベラにトラギスばかり。船長の言った通り、やや仕掛けを上げ気味にするも、いつの間にか底についていて、強烈なアタリに喜んで上げると大ベラ一荷というパターンが何度も続く。。。

これまでベタ底の釣りしかしたことがなかったので、思い切って数mまで上げるということができなかったのが敗因でしょう(帰ってから船宿のHPを見ると、その日は3m上まで食っていたとのこと)。

1111042_3

結局、終了間際に何とか一枚追加してトータル9枚。リリースを含めても11枚と、これまでで最も渋い結果に。

まあ、たくさん釣れすぎても調理するのが大変だから、これかくらいがちょうどいいというのは強がり?竿頭が24枚とダブルスコア以上の差がついてしまったのは、まだまだ修行が足りませんな。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ