« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月の3件の記事

出口のない入口

会社からの自宅待機命令もあり、地震後10日ぶりに出社。

10日間も休んで誰にも迷惑がかからないなんて・・・(むしろ節電の上ではプラス?)。

会社では徹底した節電対策が行われるものの、自らの職場における昨年同日の消費電力量を知り、愕然とする(何もしないのが一番の節電対策?!)。

3月中は余震の心配もあることから、合成実験は原則的に行わないことが決定。

一方で、被災地では医薬品が不足しているというニュースを耳にするたびに、製薬会社に勤める者としては何とも歯がゆい思いがする。

帰りがけ、今朝の朝刊を見直していると、堺屋太一氏の”大震災と日本経済”に関する記事が載っていた。その中で、

・(限られた電力をどのように配分するか。)利にこだわらず情に流されない合理的判断が必要。

・目前のことと遠い先のことを等しい尺度で考えることが必要。出口のない入口に入ってはならない

という部分が特に印象的であった。被災地の復興について書かれたものだが、研究にも相通じる。

(研究なんてしてないで、被災地に出向いてボランティア活動をした方がよっぽど世のため人のためではと思いかけていたが・・・)

研究は10年、20年先を見据えて行うもの。

地震の影響により、研究所もこの限られたリソースの中で最大限の成果を出すため、利にこだわらず情に流されない合理的判断が必須であると痛感する。また、これから新規テーマ設定をする際にも、最終的な成功という出口のない入口に入らぬよう、冷静な目で十分吟味する必要がある。

研究はやってみなければ分からない、という言葉はもう使っていられない。

地震記録

地震が起こった3/11からのことを記録的にとどめておこう。

3/11(金)

お世話になった先生の退官記念講演。午後から早稲田大学に出かけ、大隈講堂で講演を聴講こうしている際に地震。講演が中断され参加者が一斉に出口に向かった時にはさすがに焦った。耐震補強をした建物とはいえ、先日のニュージーランドの光景が頭をよぎる。

その後、公共交通機関が動かないことが分かると、”まあじたばたしてもしょうがない、飲むしかないか”ということで、予定通りリーガロイヤルホテルで祝賀会も行われた。余震で大宴会場の大きなシャンデリアがゆらゆら揺れる中、ほろ酔い気分の出席者でその当時、事の重大さを認識している者は少なく、のんきなもの。

その後も電車が動く気配はなく、予定通り卒業生による二次会のため高田馬場に場所を移動。その際、ちょうど時間的にも帰宅難民で明治通りはまともに歩けないくらいごった返していた。

結局飲み会が22時半にお開きになった後、馬場から歩いて帰宅。卒業生の多くは帰るのをあきらめ、始発まで飲み続ける勢いだったが、さすがに身重の妻と子供のためここは誠意を見せないとと、1時間半かけて12時に家に到着。

最初は自分も大変だったんだということをアピールしていたが、うっかり口が滑り二次会にもフル参加していたことがばれてしまい、また一つ漫画のネタを提供してしまいうことに。。。

3/12(土)

予定通り、午前中は娘を歯医者へ連れて行き、午後は買い出しと床屋へ。いずれも”皆さん意外と地震の影響もなく予定通りいらっしゃってますよ”とのこと。

床屋の店長は”皆、危機感がない”と。のんびりしている私にイラッときたのかも。芸術家だから(?)いろんな想像をしてしまうのでしょう。仕事している場合じゃないのに、客が来るからやむを得ないというのが本音か。。。

3/13(日)

本当はディズニーリゾートへ泊まりがけで行くつもりで、ホテルまで予約していたのだが、液状化現象のためかしばらく閉園とのこと。天気もよく絶好の行楽日和だったのに残念。

結局、余震や原発のニュースのこともあったので遠出はせず、弁当を作って家のすぐ外でピクニック。

明日から輪番停電も実施され、企業に対しても節電の要請があったという。連日の地震に関するニュースを見るにつけ、昼夜を問わず懸命に働いている方がいるもかかわらず、ある意味自分は何もしないことが世のためというのは何とも歯がゆい。。。

ジョギング or 散歩?

先月から毎週土曜日の朝、ジョギングを始めた。

寒くなってからというもの、すっかり水泳から足が遠のいて運動不足が気になっていたのもあるが。

きっかけは、映画”ロッキー4”のサントラを入手したこと。

小中学生のころ、この映画を繰り返し何度見たことか・・・。

極寒のロシア(当時はソ連?)の地で小屋にこもってのトレーニングシーン。宿敵ドラゴとの激闘シーンなど、曲を聴きながら思い浮かべていると・・・。

次の日の朝、自然と目が開き走っていました(もちろん曲を聴きながら)。

それにしても。。。

ここまでもか、というくらい自分の体力の衰えに驚愕。

30分も走ると足はガクガク。

家を目前にして隣人に遭遇。

”おはようございます(必死に笑顔をつくって)。”

”おはようございます。散歩ですか?

”ええ、まぁ(苦笑)。”

一週空いたが、今日で4日目だ(三日坊主ではない)。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ