« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月の8件の記事

こども図鑑

1008291 娘に図鑑を買ってやりました。

実はちょっと前に妻がシャレで買った”こびと大百科”をたいそう気に入ってしまい、毎晩のように読まされていたのですが、いい加減(子供にとって)こんなしょうもない知識を付けるくらいならと思い、慌てて買ったのです。

私も幼少の頃買ってもらった図鑑は良く覚えています。

”動物”ではライオンやトラといった猛獣、”鳥”ではタカやワシといった猛禽類、”魚”ではサメやシャチ、”昆虫”ではカブトムシやクワガタのページに跡がつくほど、男の子らしい偏った読み方でしたが。

ちなみに”植物”はほとんど開かれることはありませんでした。

今やインターネットから必要な情報は簡単に手に入れることができますが、すぐ手に届くところにある図鑑をペラペラめくって眺めるという行為は、昔も今も変わらず必要なのではないでしょうか。

ハーバード白熱教室

今週月曜からNHK BShiで再放送している”ハーバード白熱教室”。

書店で手にした本の帯でその存在に気づいたのですが、毎回録画して見ています。

政治哲学のマイケル・サンデル教授の授業「Justice(正義)」。”ハーバード大学史上最多の履修者数を誇る名講義”だけあって、本当におもしろいです。

第1回:「殺人に正義はあるか」

第2回:「命に値段をつけられるのか」

第3回:「”富”は誰のもの?」

第4回:「この土地は誰のもの?」

第5回:「お金で買えるもの 買えないもの」

第6回:「動機と結果 どちらが大切?」

第7回:「嘘をつかない練習」

第8回:「能力主義に正義はない?」

第9回:「入学資格を議論する」

第10回:「アリストテレスは死んでいない」

第11回:愛国心と正義 どちらが大切」

第12回:善き生を追求する」

タイトルを見ただけでもぞくぞくする内容ですが、サンデル教授が政治哲学を実にわかりやすい身近な具体例でもって説明、問題提起してくれ、またそれに対するハーバードの学生の答えやディベート力には感心すると共にとても考えさせられます。

今週土曜までの放送なので半分終わってしまいましたが、まだ明日からでも間に合います。

また、これに関する書籍”これからの「正義」の話をしよう”も出ています。私も既に購入済みで授業を見てから復習を兼ねて読むつもりです。

ベイクドポテト

1008171 妻がニュージーランドで食べた思い出の料理だそう。あちらでは、日本でいう石焼き芋屋さんがこんな料理を売り歩いているらしいです。

家庭ではこれだけのジャガイモをふっくら焼くことはできないので、圧力鍋で25分、オーブンで10分かけて蒸し焼きに。

四等分にしたジャガイモの真ん中にバターを落とし、その上に千切りキャベツ、牛挽肉入りのサルサソース、とろけるチーズとサワークリームを順にのせていきます。

食べる際にはこれらを全部混ぜて食べるのですが。。。

サルサソースとサワークリームの酸味がバターでまろやかになり、ほっこりジャガイモとシャッキリ千切りキャベツの食感も相まってなかなかのB級グルメです。

”ね、美味しいでしょ!”と、妻。

一応、私が作ったんですけど。。。

丸八食堂

1008161 一夜明けてホテルを後にし、一路名古屋城へ。

名古屋は今年開府400周年ということで、いろんなイベントが企画されており、この名古屋城でも前日まで宵祭りが行われていました。

またこの開府400年マスコットキャラクターが”はち丸”というやつで、娘は”ぜんまいざむらいだ!”と何度も間違えていましたが、そう言えば一時似すぎていて一悶着あったとニュースでやっていたような・・・。

ちなみに、名古屋の市章が○の中に八を書いたもの。

そういう訳で、名古屋名物を集めた”丸八食堂”がこの旅最後に訪れた店。

1008165 私は矢場とんの味噌カツ丼を注文。

八丁味噌を使った甘味噌ダレは確かに好みが分かれるでしょうね。 私も愛知出身で免疫があるから許せますが、他県だったら受け入れる自信はない。。。

基本、ご飯にはしょっぱい物が合うと信じて疑わない人ですから。

鳥笑

1008153 実家で二泊した後は名古屋で一泊。

名古屋で板前として働いている友人の紹介で、栄の”鳥笑”に行ってきました(写真は手羽先の唐揚げ)。

焼き鳥とワインの店ということでしたが、子連れで予約したこともあり、半個室に通され気兼ねなくゆっくり愉しむことができました。

1008154 焼き鳥も一通り美味しかったですが、特に子供用にと頼んだ親子丼が絶品。

三河鶏を使っているとのことですが、肉が一度あぶってあり香ばしく、子供にやるのがもったいないくらい。

1008155 こちらは”三河鶏唐揚げのタルタルソース”。

キュウリやコーン、パプリカが入った彩り豊かなタルタルソースが変わっていて、これも美味しかったです。

1008151_3 店を出た後はテレビ塔の展望台へ。。。

名古屋の夜を満喫しました。

あつた蓬莱軒のひつまぶし

1008131 お盆の帰省。

これまで、名古屋は新幹線の乗り換えだけで素通りしていたので、今年はちょっと観光もしつつ名物をいくつか食べてきました。

名古屋到着初日、熱田神宮に参拝しつつ”あつた蓬莱軒”神宮店のひつまぶしが最初のターゲット。

JR熱田駅から汗だくで店頭にたどり着くと、開店(11:30)からわずか10分しか経っていないのに、既に1時間半待ちの大混雑。仕方がないので、記名した後、本殿を参拝するも時間をもてあまし、暑さと空腹に耐えようやくありついたのが・・・。

1008132 思ったより小振りで年季の入ったおひつを開けると・・・。

たっぷりとタレのかかったご飯が見えないほど鰻がぎっしり並べられていて、その光景は空腹も手伝ってちょっと感動もの。。。

マニュアルに従って、全体を四等分し、一杯目はそのまま、二杯目は薬味(ネギ、ワサビ、海苔)を添えて、三杯目はお茶漬けに。

四杯目はお好みで、と言うことだったので残りの薬味を全部のせていただきました。

”あつた蓬莱軒”のブランドと価格、そして何より待たされての空腹感が合わされば、美味いと言わざるを得ません。

和田堀公園プール

薄曇りの午前中、娘と一緒に誕生日プレゼントの浮き輪を持って、和田堀公園プールに行ってきました。

私自身も初めてでしたが、屋外に50mプール、25mプール、幼児プールの3つがありその広さにびっくり。保育園のビニールプールしか知らない娘も圧倒されたようで、深さ30センチの幼児プールにも怖くて入れず泣き出す始末。

それでも何とかなだめすかし、一緒に水につかるも終始笑顔はなく、髪の毛が濡れたのは最初のシャワーでだけ。一時間そこそこで退散。

プールで元気よく遊び疲れてしっかり昼寝をしてくれると期待したのですが、結果的に緊張から相当気疲れしたようで、ぐっすり寝てくれました。

特大ホタテのネギ塩バター炒め

1008071 出先で寄った普段行かないスーパーで特大のホタテが安売りしていたので、”今日のつまみはこれで決まり!”とばかりに購入。

刺身でもいける鮮度だったので、中心は余熱でやっと火が通るくらいにさっと炒めます。

特大ホタテを口いっぱいに頬張る幸せbeer(一口ではとても無理)。。。

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ