« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月の12件の記事

匂いと記憶

1005301 吉祥寺のSHIPS。服を買ったことはないですが、入店した際の匂いが好きで立ち寄ります。客にリラックスして服を選んでもらおうというサービスで、アロマをたいているようです。

うちでもその匂いを再現しようと、アロマディフューザーを購入。記憶をたどりながらオイルも一緒に選んだ結果、どうやらスタンダードなゼラニウム系の香だったようです。これからの季節、虫除け効果もあるので一石二鳥。

さて、匂いと記憶。

先週、ジムのプールに行った時のこと。あの消毒の匂いをかぐと、幼少の頃嫌でしょうがなかったスイミングスクールの記憶が甦ります。

ある特定の匂いがそれにまつわる記憶を呼び覚ますという経験は誰しもあるはず。

この現象はフランスの文豪、マルセイ・プルーストの名にちなみ”プルースト効果”とよばれるそう。

プルーストの代表作「失われた時を求めて」の文中において、主人公がマドレーヌを紅茶に浸し、その香りをきっかけとして幼年時代を思い出す、という描写を元にしているそうですが、現在は徐々に科学的にも解明されつつあるといいます。

嗅覚による刺激は主に脳内の扁桃体、そして記憶に関係する海馬を刺激し、視覚、聴覚による刺激よりも記憶を鮮明に惹起させるという実験結果も。

私にとってゼラニウムの香りはBeamsの店内の記憶を惹起させることから、匂いも潜在的な宣伝効果になっているのかも。。。

マグロとキムチのユッケ丼

1005291 初めて実家で食べた時に感動し、以後うちでもちょくちょく作ります。

元ネタはコチュジャンを入れるんだったかと思いますが、今日はオイスターソースと醤油でマグロを漬けにし、キムチと和えた後にゴマ油を少々。

毎回ちょっとずつ違うんですがね。。。

ちなみに、キムチは冷蔵庫の常備アイテム。スーパーでは最も古いものを選び、冷蔵庫で熟成させて、賞味期限を(かなり)過ぎてから食べることにしています。

らっきょう 2010

1005232_2 雨です。

例年この時期は梅酒を漬けるのですが、今年はらっきょうに挑戦。

泥付きのらっきょうおよそ1キロは芽と根をカットし、きれいに皮をむくと20%減。

ネットにも簡単レシピがたくさんありましたが、やはりここは手間がかかっても本格漬けに。

1005231 というわけで現在塩漬け中(水700ccに塩150g)。

およそ2週間後には乳酸発酵が起こり旨味が増すのだとか。その後、一昼夜かけて塩抜きし、熱湯にくぐらせ、冷めたら甘酢に漬けて3週間超。

うーん、手間はかかるがそれぞれの行程に意味があり奥が深い。

家庭菜園 2010

1005221 寒かった4月のせいで完全に出だしが遅れた今年のゴーヤですが、昨年採れた種から今年も育てることに。

水に浸したキッチンタオルの上で芽を出し始めた種をポットに植え替えました。ここから急ピッチで行かないと、緑のカーテンが最も必要な時期に間に合わない。。。

1005222 一方、こちらはバジル。

これも4月中の寒さでなかなか芽を出しませんでしたが、ようやくここまで来ました。

バジルソースがたくさんできるよう今年は少し大きな鉢で育てています。

1005223_2 そしてミニトマト。

こちらは苗を買って植え替えて以来ぐんぐん成長し、早くも小さな実をつけています。昨年の教訓を活かし、今年も肥料、水は極力控えるスパルタ方式で。

スイミング

”水着になれないほど醜い体型になる前に!”

ついに近所のスポーツクラブの会員になり、午前中泳いできました。

法人会員なのでその都度料金を支払うタイプ(月4回まで)というところが弱いが、あまり最初から自分にプレッシャーをかけすぎても何なので、まずはこのくらいから慣らし運転。一つ手前の駅直結という立地なので、会社帰りにも利用できればよいが。

入会手続きを済ませロッカールームに入ると、朝早い時間帯だったためか、驚くことに”おじいちゃん”ばっかり。”ここは健康ランドか?”と思うほど。

ロッカーは4階、プールは5階。初めての場所と極度の近視のため、眼鏡をとっての移動はそれこそおじいちゃんみたいにおそおそる(やっぱり、レーシックやろうかな・・・)。

プールは全4コース、20m!?

水泳って最後の5mがいかにキツイかということを改めて感じました。何だかターンばかりで泳いだ距離もカウントしづらい。。。

それにしても、水泳って気持ちいい。何というか全身の関節に油を差しているような、体も相当さび付いていたようです。終わった後の、局所ではなく全身に感じる疲労感も心地よい。

久しぶりに運動して、帰りの自転車は電動アシストに助けられまくり。

高いお金を出して美味しい物を食べ、それをまた高いお金を出して運動し燃焼する。エコが叫ばれる中、何という浪費だろう。。。

羨望

また一つ、歳を重ねてしまいました。

去年と比べると、娘が”ハッピーバースデー”の歌を全部歌えるようになっていたり、甥っ子から送られてきたお祝いFaxの似顔絵が益々上手になっていたり。

その成長曲線の傾きが羨ましい。。。

新生児

会社帰りに、同期と同僚の間に生まれた赤ちゃんを見に行ってきました。

土曜に出産を終えたばかりで、さすがにまだ会いに行くのは早いかと思いましたが、病室に入ると同僚である旦那が言ってた通り、驚くべき回復力でとても元気そうでした。

今日もシャワーを浴びに行くのに階段を使っていたら、助産師さんにびっくりされたとか。

さすが、東京マラソンを4時間を切る好タイムで走りきった体力はハンパじゃない。

生後3日目の坊やはパパに似て直毛の髪が頼もしいほど生えそろい、目鼻立ちがバッチリ整ったハンサム君。その一挙手一投足にいちいちリアクションする新米パパとママが、何ともほほえましい。

帰り際、扉を閉めても幸せオーラが部屋の外まで漏れ出て来そうでした。

チーズケーキ

1005041 今日は従姉妹が子連れで遊びに来てくれました。

実家も近所で幼なじみ。結婚して上京したのですが、実家で会うのが当たり前だった彼女とこうして東京で会うのは、今でも不思議な感じ。

結婚して親族は増えましたが、近くに住む昔からの親族は彼女だけ。

手作りチーズケーキご馳走様。また遊びにおいでhappy01

ライトタックル五目・庄治郎丸(2)

1005031 連日好天に恵まれている今年のGW。今日は久しぶりに平塚港の庄治郎丸で、ライトタックル五目船に乗って来ました。

朝方、薄曇りの中、幻想的に浮かび上がる富士山に向かって、船は一路二宮沖へ。

前半戦は浅場を攻め、シコイワシやサバの稚魚といった餌取をくぐり抜け、20センチ前後のアジを拾い釣り。そんな中、幸運にも良型カサゴをゲット。

浅場ではいまいち型が小さかったが、さらに沖へ出るとアジのサイズもアップ。大サバも混じり、20名で超満員の船上ではあちこちでお祭り状態。

天気予報通り、12時を過ぎた辺りで風が強くなり、結局13時半でタイムアップ。

1005032 <本日の釣果>

良型カサゴ 1

アジ 16

サバ 2

カサゴは十分な大きさがあったのでお造りにし、アジはたたきと刺身、干物、南蛮漬けに。サバはシメサバにして冷蔵庫で熟成中。

私に似て娘も刺身は大好物。”美味しい”を連呼し、ついにこのブログのタイトルを言わせるのに成功しました!

ミートローフ

1005021 ”男子ごはんの本 その2”から、妻のリクエストでミートローフに挑戦。本当はクリスマスディナーとして放送された内容ですがなぜかGWに。

付け合わせの”キャベツのアンチョビマリネ”も同じレシピ本から。

オーブンで約40分焼いた後、箸で突いてみると中から肉汁があふれるあふれる。再度箸の先でふたをしたくなるくらい。まさにこのくだりを番組で見たのを思い出しました。

中に入れたチーズが絶妙で、にんじん、インゲンは茹でずに入れるので、できあがりの際食感が楽しめるのもこのレシピの特徴。ニンニク、和がらし、マヨネーズを牛乳でのばしたソースもよく合います。

アジとアサリのトマト煮込み

1005011_2 元ネタは”男子ごはん”の”サバとアサリのトマト煮込み”。

潮干狩りのアサリを使った最後の料理。今日はいいサバが無かったのでアジで代用。アジの方がクセがないが、身崩れしやすいので注意が必要。

レシピ通りオレガノを入れたことで、レストランで食べるような一段上の味に仕上がりました!

かといって、初めて行くレストランでいきなりアサリと魚のトマト煮込みを注文するかと言えば答えはNo。やはり肉料理に目がいってしまう。

そう考えると、家で是非作るべきメニューなのかも。

またスープが美味しく、これもパスタで食べたい!とおもったら、元ネタではパルミジャーノのパスタが付け合わせで同じ皿にのっていた。さすがケンタロウ。

2.6キロのアサリを3日で完食。

いろんな料理が楽しめて今回の潮干狩りは大満足。

4月30日の過ごし方

今日は会社創業記念の振り替えで全社的にお休み。

娘を保育園に預けられる日に公然と休めるのは一年にそう多くはない。

そんな貴重な今日、半日主夫をしてみた。

娘に朝食を食べさせ保育園に送った後は、部屋に掃除機をかけ”男の目”で風呂掃除を約一時間。布団を干して、ガスレンジ周りを掃除して、冬物の服を入れ替えたら昼食の支度。

掃除をすれば”きれいになっただろ!?”

布団を干せば”ふかふかになっただろ!?”

料理をすれば”うまいだろ!?”

そうやって評価を期待し、すぐ成果を求めたがる私。。。

逆にこれまで、妻がする家事に対しきちんと評価していただろうか?現状を快適に維持、継続するというのは、新しいものを生み出すことと同じくらい実は大変なこと。

世の主婦が”正当な評価をされていない!”と主張するのもわかる気がする。

そんなことを娘を迎えに行きながらふと考えた、4月30日でした。。。

(ちなみに、夜は旧友との飲み会。午前中の働きはそのためかいっ!?)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ