« 医薬品クライシス | トップページ | 湊のやど 汀屋 (2) »

湊のやど 汀屋 (1)

1004250_2 父の退職祝いに、家族で焼津の温泉旅館、”湊のやど 汀屋”に行ってきました。

かつては100名以上宿泊できるホテルであった同じ場所に、昨年12月リニューアルオープンした客室わずか8室、全室露天風呂付の当旅館。前身のホテルの時に2度ほど利用したことがありましたが、一気に敷居が高くなってしまいました。

それでも今回は記念にということで妹と奮発。

かけ流し天然温泉で、部屋付の露天風呂以外にも貸し切り露天風呂が二つあり、こちらもせっかくだからと予約して入ってきました。

そして夕食の献立は・・・

1004251_2

前菜+春山和え(写真なし、一番美味しかった)

桜鯛蓬麩包み(桜鯛は今が旬)

1004252

初鰹(こちらも今が旬!)

お刺身(もちろん静岡名産生わさびと一緒に)

1004253

桜海老散らし揚げ(今年は桜エビが不漁らしい・・・)

アメーラルビンズ(焼津名産のミニトマト、甘くて味が濃い)

1004254

駿河牛煮ロース

筍含ませ(桜鯛の卵添え)

1004255

山菜ごはん

水菓子(桜塩漬けコラーゲン寄せ)

これだけ食べて、何と夜食には静岡名産の黒はんぺんを中心とした”おでん”が用意されていたので、これもしっかりいただいてきました。

そして、こちらが朝食の一部。

1004256

削り節三種食べ比べ(鰹、鰯、鯖)

・エボ鯛の干物、黒はんぺん、薩摩揚げ(軽くあぶって)

そしてそして、昼食は宿の方に聞いて行った小川港魚河岸食堂

1004259_3海鮮丼

がっつり太って帰って来ました。

« 医薬品クライシス | トップページ | 湊のやど 汀屋 (2) »

静岡食べある記」カテゴリの記事

コメント

昔から新幹線などに乗って車窓を眺めていると、「どこに行っても人が住んでいるなぁ」と思っていました。それが最近は、「どこにいっても人が住んでいて、それぞれ家族をなしている。それを支えている世の中のお父さん達は凄いなぁ」と、まだ一人前に成り切れない自分への自省を込めて、また世の中のお父さん方へ尊敬を込めて思うようになりました。
TAKAのお父さんにご実家で初めてお会いしたのはもう10年ぐらい前でしょうか。大変暖かくおもてなしをして頂いたことを忘れません。そしてTAKAの結婚式でも少しお話させて頂きました。実直そうなお人柄が印象的でした。
TAKAもそんなお父さんの背中を見て育ち、今や立派に一家を成してやっていっているのだから凄いことです。
これからもお父さんを始めとして、TAKAの実家の皆さんが健康にお過ごしになられることを願ってやみません。
今回は素晴らしい親孝行ができたようで、本当に良かったですね。

そういえば鴨川とも何度か会っていたか。親父は口数が少なく、あまり社交的でないと思っていたが、俺の心配をよそに結構楽しくやっているらしい。
”第二の人生”とはよく言うが、肩書きや後ろ盾を失ったときに、本当の人間力が試されるのではないだろうか。
ずっと組織や肩書きに守られてきたサラリーマンの定年は一つの試練だと、すべてを自己責任でやっている妻から脅されているよ・・・。

定年なんて遠いようで、あっという間に来るんでしょうな。人生は短い。そもそもまだ正式に勤めていないのになんだが、定年まで生きているかも分からないし、日々一生懸命やるしかないですな。それが人間力を鍛えることにもなるのでしょう。

この記事へのコメントは終了しました。

« 医薬品クライシス | トップページ | 湊のやど 汀屋 (2) »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ