« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月の13件の記事

ちらし寿司

1002281 妻の実家で雛祭り。

今回のポイントはおひな様のかまぼこ。娘も喜ぶかと思いきや、かまぼこには目もくれずイクラばかり執念深く拾って食べてましたsweat01

子供ながらに、美味しいものはちゃーんとわかってますcoldsweats01

選曲

バンクーバーオリンピックも日本にとってのクライマックス、女子フィギュアを終えて、一瞬にして燃え上がった私の中のオリンピック熱もすでに冷めつつありますが・・・。

思えば4年前のトリノオリンピック。荒川静香選手がエキシビションで選んだ曲、”ユー・レイズ・ミー・アップ”が頭から離れず、アルバムを買ってしばらく余韻に浸ったものでした。

キムヨナ選手の”007”で見せた小悪魔的な表情、仕草も斬新で良かったですが、得点では及ばなかったものの、浅田真央選手の前奏曲”鐘”もその荘厳な雰囲気と鬼の形相から執念を感じ、とても印象に残る今回のオリンピックとなりました。

ここまで盛り上げてくれた二人に感謝。。。

儒教と知的財産

かつて、このブログで中国における知的財産についてふれたことがあるが、今読んでいる本に別の見解が述べられていたので覚え書き・・・。

不正コピーや海賊版は中国のあらゆる産業に及んでいるが、そもそも儒教においては、他人の作品をまねることは敬意の表明であり、教育の基本となるという知的財産に対する考えがあるのだとか。

(アメリカで学ぶ中国人留学生に模倣の何が悪いのかを説明するのには苦労するらしい。)

”芸は師匠を真似て盗むもの?”

本の趣旨は全く別のところにあるので、全体の紹介と感想は後日ブログにて。

雛祭りの装い

1002211 今年も常滑焼きの雛人形を出し、手ぬぐいも雛祭りのものに変えました。

昨年はノーリアクションであった娘も、今年は保育園のおかげもあってか、雛祭りの歌をうたいながら喜んでいます。

もう一年たったんだなぁ・・・。

FIRE HOUSE

1002201 午前中から妻の友人宅にお邪魔し、お昼はFIRE HOUSEのハンバーガーをデリバリー。

写真はダブルチーズバーガー(\1,523 ポテト付き)。なるほど、この値段で3つも頼めば宅配もしてくれるでしょう。

半球はあろうかというホカホカのバンズに分厚いパテとトマト、チーズもアメリカンな色でしっかり主張しています。レタスとオニオンにソースが絡まり全体的な味のバランスが実にいい。

路面店も結構おしゃれで人気とか。見栄えもするので話題性はありますが、とても上品には食べられないので、デートには不向きかと・・・。

西永福のランチ

1002121_8娘を保育園に預け、ずっと気になっていた西永福のレストラン、ボヌールプラス(フランス語で「幸せな場所」)でランチを食べてきました。

井の頭通りと方南通りが交わる交差点の角、フランスの国旗が目印。外観の割に中は広く、客席は30席ほど。接客もきめ細やかで、とても清潔感のあるお店でした。

1002122_3

”本日のランチ”から”パテ・ド・カンパーニュのソテー バルサミコソース(写真)”を注文。

パテ・ド・カンパーニュとは”田舎風パテ”という意味で、鶏・豚肉やレバーをミンチにして固めベーコンで巻きオーブンで焼いたもの。もともとはフランス家庭料理なのだとか。鴨肉やホアグラも入ってとても複雑な味、ほどよく酸味の効いたソースに良く合いとても美味しかったです。

妻の注文した”牛タンのマスタード焼 赤ワインソース”もやわらかく美味しかったですが、今回は私の方が当たりでした。

パンも自家製で、熱々のものがおかわりできます。

1002123 デザートは”キャラメルのムースと黒ごまのアイスクリーム”。こちらも優しい味で美味しい。

これにコーヒーがついて\1,365。

客層は年配の夫婦や女性が中心。常連なのか女性の一人客も結構いるようです。後からネットで調べると夜のコースもリーズナブルで、かなり評価は高い様子。

1002124_2 実は昨日も同じ西永福のインド・ネパール料理”エベレストダイニング”でランチ。

テイクアウトのつもりが、目の前で小さな子連れファミリーが入っていくのに勇気づけられ入店。

ランチセットのカレーは数種類の中からチョイスでき、本場に近い味が楽しめます。一緒についてくる巨大ナンはモッチモチ、それだけで食べてもとても美味しい。

子供用のセットもあり、スパイシーですがピーナッツバターの様に甘く、娘も(妻も)喜んで食べていました。

店員はとても日本語が上手で親切、そのキャラクターも含めいい仕事してます。

徒歩圏内ということで気取る必要もなく、店側も地域密着型なので接客が親切で親しみがもてます。これまで前を素通りして来てしまったけど、これから開拓する価値が十分にありそうです。

エビ・カニシューマイ

1002111いただき物のカニ缶があったので、エビと二種類のシューマイに挑戦。

あまり豚肉の味が主張しすぎないよう、白いハンペンも入れてみました。エビシューマイの方は、むきエビに加え干しエビと戻し汁を加えたことでグッと風味と旨味が増しました。

最近この干しエビにはまっています。

新・日赤医療センター

午前中、娘の鼠径ヘルニアの件で日赤医療センターへ行ってきた。

随分前から隣の敷地で工事中だったのが、ついに年始よりリニューアルオープン(?)。すでに旧舎は解体され始めていた。

受付を済ませると各人にポケベルが渡され、一人前になると呼び出されるので、無駄に診察室前で待っている必要はない。

コンビニに書店、タリーズコーヒー、TSUTAYAまで入っているので、外来患者は退屈しないが、入院患者も居心地が良くて退院したがらないのではと思ってしまう。

いろんな先生の手記が雑然と貼られていた掲示板は減り、かわりに壁一面の大きな窓から差し込む光は、患者の暗くなりがちな気持ちを幾分和らげてくれるのかもしれない。

ただ、娘の誕生前後のいろんな思い出が詰まったあの日赤はもう無いのだと思うと、なんだか寂しい。

牡蠣のネギ塩バター

1002071_2 従姉妹のブログを見て、どうしても食べたくなってしまいました。こんなに美味しいのに、牡蠣が苦手という人いるんですねー。私一人で、ビールとともにいただきましたbeer

mimozaちゃん、美味しかったよーdelicious

職業柄

先日、大学の友人から

”仕事の関係で、製薬業界一般についてヒアリングさせてもらえないだろうか”

という申し出があり、会社の近くで昼食をご馳走になることに(もちろん彼の経費でscissors)。

コンサルタント会社に勤務する彼は同僚2人を連れて現れ、結果、思った以上に”まじめ”な会食に(パリッとしたスーツ姿3人に作業着1人と、何とも希有な光景)。

”製薬業界一般”についてよくもまあ俺なんかが生意気に語ってるよなー、と自分で話しながら笑いそうになってしまったがcoldsweats01

先見性が重要とされるパイプライン導入(ライセンスイン)に話が及ぶと。。。基本彼らの仕事とかぶるのだろうか、”かっこいい、やってみたい”仕事と興味を持った様子。

”自分で生み出した物でなければ意味が無い。”、と私。

どちらかといえば(?)研究者向きであることを実感した瞬間でした。

35歳からのリアル

1002051_2 35歳からのリアル 人生戦略会議 著

他にも”28歳からのリアル”、”42歳からのルール”など年齢に対応した書籍が平積みされていたが、こういった本はその年齢に至る前に読まないとショックが大きすぎて立ち直れない・・・。

という考えから、手に取ったときはギリギリ間に合ったかと思いきや、やはり読んだ後のショックは大きいものでした。

仕事、家庭、お金、住まい、健康、老後・・・。

それぞれについての指南書はあっても、すべてのカテゴリーを35歳という年齢にフォーカスし、”リアル”なデータをもとにこれでもかと言うくらい現実を突きつけてくるスタイルは斬新。

終身雇用が崩壊し、40代で給料は頭打ち、年金、保険の負担は増えるばかり。子供の養育費、マイホーム、老後の貯蓄はどうするのか。

今、もっとも信用できるのは誰?”夫婦円満の秘訣”、”子は親の鏡”といった家庭の問題から、メタボ対策、抜け毛対策などなど、その目の付け所が何ともリアル。

時折、織り交ぜられる賢人の名言の数々も印象的。

”夢はいいものです。そうでなかったら、お金が大事です。” 魯迅

”金の貸し手にも借り手にもなるな。金を貸すと、金も友達もなくしてしまう。” シェークスピア

”あなたの大きな夢を萎えさせるような人間には近づくな。” マーク・トウェイン

”人間は行動した後悔より、行動しなかった後悔の方が深く残る” トーマス・ギロビッチ

何となく不安に思っていること、深く考えようとせず先延ばしにしてきたこと。それがこの年齢にしていよいよ考え、中長期的な目である程度の答えを出さなければいけない時期にさしかかっていると言うことでしょう。

すでに2010年もひと月が過ぎてしまいましたが、ここで今年の目標を掲げたいと思います。

一、運動を習慣づける。

一、今後の住まいについて答えを出す。

節分2010

1002031_2 今日は節分。うちでも恒例の豆まきをしました。

娘の保育園にも鬼がやってきて、クリスマス会のサンタクロースに続き”また泣いちゃった”と言ってました。

後から保育園のブログで知りましたが、鬼に扮した先生が随分ノリノリで、”そりゃ泣くわ”と納得。子供達の悲鳴が聞こえてきそうな写真が掲載されていました。

腰痛

”何か、随分姿勢良くないですか?”

普段、猫背で姿勢の悪い私に目ざとく後輩が言う。

”実は、また腰をやっちまって。。。こうしてないと辛いんだよ。”

結局終業後、例の整体へ。。。

土曜日に児童館で子供と一緒にはしゃぎすぎたのが原因だろうか。あれしきのことで情けない・・・crying

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ