« 電子ノート | トップページ | オムナポリタン »

ご挨拶

会社で隣の席の後輩が、明日彼女の家に挨拶に行くらしい。

私の時はどうだったか、父親として娘を嫁にやる気分とはどんなものか。年明けから質問攻め、話題と言えばそのことばかり。

また、昼休みにPCの前で熱心にカチカチやっていると思ったら、”結婚挨拶の礼儀作法”を猛勉強中。

・手土産に羊羹などの切って食べる物は、”縁切り”を連想させNG。

・滞在時間は1.5時間~2時間。長居はNG。

・”結婚することにしました”はNG。”結婚させてください”の方がよい。

ちょっと首をかしげたくなるが。。。

ちなみに、自分の時を思い出すと・・・。

大学へ出向している最中で、夏休みの初日。前日は研究室の打ち上げで、最後は後輩の家で飲んで朝帰り。睡眠もそこそこに生まれて初めてソルマックを飲み、妻(当時は彼女)の家へ。手土産を持参したかどうか記憶は曖昧だし、その日は確か泊めてもらった気がする。そしてまさに”結婚することに二人で決めました”と報告しただけだ。

”いやー、調べれば調べるほど緊張しますよー”

”お前そんなことより、せめて床屋くらい行けよ”

彼のぼさぼさ頭を見て先週忠告したが、何かその頭にこだわりがあるのだろう。今日まで床屋に行った形跡は無く、彼の頭の中は手土産のことで一杯。

いずれにしても、両親に会うのにここまで準備して、気を遣って、緊張している彼を見ていると、彼女は本当に幸せだと思う。そして、そんな彼を受け入れない両親もいないはずだ。

« 電子ノート | トップページ | オムナポリタン »

ノンジャンル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ