« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の15件の記事

2009年 総括

いよいよ2009年も終わり。明日から実家の愛知に帰省するので、一日早いですが今年一年を振り返ってみたいと思います。

年始にたてた目標に関して、陶芸部への入部と投資信託の開始は達成。レーシック、イカ釣りは未達でした。個々に見ていくと・・・

<釣り>釣行はたったの3回でしたが、3月に行ったライトタックル五目が印象的でした。38センチのイラがかかったときの感触は今でも忘れられません。タモに入れる瞬間まで鯛だと思っていたのにイラとわかって落胆。

<料理>今年はケンタロウの料理番組に影響されいろいろ作りました。それとは関係ないですが煮豚は予想以上に美味しく、その残り汁で作った味付け卵、煮豚をのせたラーメンは絶品でした。

<読書>大前研一の”知の衰退”からいかに脱出するかにもっとも衝撃を受けました。低IQ社会の一員に甘んじていた自らを再考させられる一冊で、投資信託を始めるきっかけにもなりました。生物と無生物のあいだも予想以上に興味深い内容でした。

<パパ業>4月から娘が保育園に通い出し、その保育園に関することでいろいろな経験をしました。10月に喘息で入院した娘に付き添い、初めて二人きりで一晩過ごしたことも忘れられません。

<仕事>プロジェクトのマイルストーンもクリアでき、その進捗にも大いに貢献できた。10月からテーマが変わり、新チームにおいてもいろいろ勉強させてもらった。

<出会い>総じて個人的には変化の少ない一年であったので、印象に残る新しい出会いは少なかったものの、仕事における新チームの先輩にいろいろ影響を受けています。先輩の留学まで残すところ2ヶ月なので、吸収できるところは吸収しておきたい。そういえば、腰痛で一度だけ行った整体の先生にも、”痛みは取ってあげられる”との言葉通り一発で治ったことには驚かされました。

”今年もあっという間だった”と年末には必ず口する言葉。しかし、年始に目標を立てる際には予想だにしないことが、振り返ってみると一年のうちにはいくつも起こる。本当にいくつも起こるくらい実は一年という期間は長い。

それを振り返ることができるのも、こうしてブログをつけているおかげか。

9月にブログ一周年を迎えて以降やや息切れ気味だが、来年も細く長く続けて一年を振り返る手がかりにしたいものです。

来年も皆健康で良い年でありますように。

大掃除

今日は娘を保育園に送った後、二人で大掃除。

喘息持ちの娘がいないうちに、例のダイソンを使って畳の裏まで徹底的に掃除しました。

昼食は近所のカフェで。娘抜きでゆっくり外食するのは、妻の妊娠中以来およそ3年ぶり?久しぶりすぎで、なんだかその雰囲気が新鮮でした。

docomo フォトパネル02

0912261_2 docomoのフォトパネル02が届きました。発売は1月になるとか、限定商品だとか量販店でも販売するとか情報が錯綜していましたが、結局ネットから予約し何とか年末の帰省に間に合いました。

管理者登録や各種設定を終えたところですが、パソコン上から遠隔操作もできたりして、時代もここまで来たかと感心させられます。

ソフトバンクの”フォトビジョン”と違い、送信者の携帯電話会社を選ばない点や、パソコンメールからも送られる点は非常によいと思いますが、登録したアドレスからしか送信できない点は初期設定が少々面倒ではあります。

迷惑写メールを防ぐためにはしょうがないとは思いますが・・・。

ちなみに、先日ビンゴで当たったデジタルフォトフレームは初日に電源を入れたっきり、今はOFF状態のまま部屋のオブジェと化しています。これまで私がプレゼントとして送ったフォトフレームも残念ながら同じ運命だったのかもしれません。

ただ今回のものは、送信者の努力によって飽きさせないフォトフレームとすることができる点で、双方にとって長く楽しめることになると期待しています。

Xmasディナー2009

0912231_2 今年はXmasケーキも作ってみました。ミルフィーユクリスマスツリーのつもりですが、来年はもう少し改良が必要。娘もお手伝いしてくれましたが、並べたイチゴと同じ数だけ自分の口にも運んでいました。

0912232 そして、今年のメインはホットプレートで作るパエリヤ。いつもの通り、ネットで検索したレシピを参考に、自分なりにアレンジ。

有頭エビはダシが出るようグリルで表面を焼いてから投入。その他鶏肉にイカにアサリと、これだけダシが出ていれば美味しくない訳がない。

もちろん食べる前にはレモンを搾って。ほんと、このレモンは絶対欠かせない!

それにしても、ホットプレートでこんなにお手軽にできるとは驚き。また作ってもいいな。。。

鴨川のせせらぎ

0912211 土日と京都に行ってきました。後輩の結婚式に出席した後、京都に住む友人にも会ってきました。披露宴から始まり、友人と飲み歩いて、友人宅に着いたのは何時だったのか・・・。

写真は日曜の鴨川の様子(正確には加茂川と高野川一つになって鴨川と名を改める合流地点)。寒空の下ひどい二日酔い。耳を澄ませば鴨川のせせらぎが聞こえたかもしれないが、それどころではない。

この後、土産を買って新幹線に飛び乗るも、二日酔いまで持ち帰ってしまい、土産の効果もなく妻からは大ひんしゅくであった。。。

二年連続

0912171 デジタルフォトフレームのことを考えていたら、会社の忘年会恒例のビンゴで当たってしまいました。人にあげたことはあっても、自分では持っていなかったのでちょうど良かったですが、部屋に飾ると浮いてしまいそうなファンシーカラー。

ちなみに去年も同じビンゴで宝くじが40枚当たりました(結果、\3,000が一枚)。

二年連続、その年の運をしっかり使い切った、というところでしょうか。

お便りフォトサービス

これまで結婚祝いや出産祝いで、3,4台はデジタルフォトフレームをプレゼントしてきた。当初と比べると最近は画面も大きくなり、音楽だけでなく動画再生可能のものもあるようだ。

そしてまた、今回は祖母の米寿の祝いの品にと考えているのだが、最近ソフトバンクのCMでおなじみの写メを受信できるタイプを検討中。

確かにデジタルフォトフレームは写真を更新するのが面倒だが、これなら9人の孫から送られてくる写メが自動更新されるので手間いらず。

携帯電話に比べて大きいフォトフレームに受信機能を持たせるのは、技術的は造作もないこと?デジタルフォトフレームが出回りはじめてからの年月を考えると、もう少し早く製品化されても良かったと思うくらい。

ともかく、このアイデアには拍手を送りたい。

ただ、ソフトバンクの”PhotoVision”はソフトバンク携帯からの写メしか受け付けない。どこまでも顧客囲い込み戦略に徹する孫正義!

これでは汎用性に欠けるので、Docomoのフォトパネル01(こちらは契約会社を選ばずPCからのメールにも対応)にしようと考えたが、こちらは限定1000台で売り切れ状態。

フォトパネル02が年明けに発売予定らしく、こちらも限定商品で詳細は未定。何とか入手したいところだが・・・。

それにしても、大正生まれの祖母がいよいよ自分専用のデジタル家電を持つことになろうとは。

長生きして良かった。。。

タロイモの使い道

0912132 タロイモをいただきました。甘辛く煮る以外に魅力的なレシピはないかとネットで調べていると、ベトナム料理の”チャゾー(揚げ春巻)”に入れるというのを見つけました。

0912133_2 チャゾーに必ずタロイモがはいっているわけではないようですが、レシピに従いエビ、豚肉、タマネギのみじん切りに、タロイモの千切りをあえて春巻きの種にします。

0912134 スイートチリソースでいただきました。揚げたての春巻きってうまい!でも本音は、タロイモって必要?という感じでした。

砂肝のトマトパスタ

ケンタロウと国分太一の”男子ごはん”を楽しみに見ていますが、BSで”ケンタロウ×栗原心平 白金台三丁目食堂”という番組やっているのを今更ながら発見。

栗原心平氏は、料理研究科栗原はるみの長男。料理研究科の料理を食べて育った二人の競演番組ですから、見るしかないでしょう!(BSですから”男子ごはん”より制作費は抑えめの感は否めませんが・・・。)

0912131_2 早速、紹介されていた”砂肝のトマトパスタ”に挑戦。砂肝なんて焼き鳥屋でしか食べたことないので、生の状態でまじまじと見たのは初めて。

番組で言っていたように、砂肝をみじん切りにするのが面倒ですが、意外とクセもなく食感も楽しめる美味しい一皿でした。

心酔

土曜から突如腰が痛くなり、ついにズボン、靴下を履くのも辛くなってきたため整体に行ってきた。

この整体は妻の不整脈や腱鞘炎を患部に触れることなく完治させた実績があり、妻はすっかり心酔している。

治療自体はいわゆる”バキバキ”やるものではなく、背骨をさわりつつ木製の道具で押しながらずれているところを微調整していくもの。その様はあたかもパチンコ台の釘師のよう。

先生曰く、腰椎が雑巾のようにねじれていて、頸椎も一部ずれていたため、今日のところは半分くらい元に戻してくれたとのこと。

治療が終わり、

”いかがですか”

”うーん、まあ、そーですねぇー、あんまり・・・”

妻の回復ぶりを目の当たりにし、這って行った人が一発で歩いて帰ってきたという噂も聞いていたので、過度な期待をしすぎていたのかもしれない。

先生は、”今日の治療で何とか痛みは取ってあげられると思ったんだけど。”と自信ありげ。

帰宅すると、”なんだかんだ、昨日より動けているじゃん”と妻。

確かにこの時間になると、昨日よりは良くなっている気がしないでもない。どうやら先生の言う”炎症”が落ち着いてきたのかもしれない。この調子で一発で治るようであれば私も心酔してしまうだろう。

<後日加筆>

その後先生のおっしゃった通り、腰は日に日に良くなりました。すごいぞ、代々木上原駅前の整体。

文化展2009

0912081 会社の文化展が今日から3日間の予定で行われる。思えば昨年、この文化展で陶芸部の作品を見て感銘を受け、入部を決意したわけだが。今年はこの花器を出品したことで、新年にブログで公言した目標の一つを達成できたわけだ(ユリの花は華道部の同期にお裾分けしてもらったもの)。

絵の葉の色は台座と同じ色をつけたのですが、焼いてみたら枯れ葉になってしまいました。まあ、今の季節限定で良しとしましょう。

0912082_2 陶芸部の様子。この他、華道部、フラワーアレンジメント、絵画部、写真部による作品も。

このご時世に、のどかな会社ですよね。

でもこの社風、嫌いではありません。

ヤリイカと明太子のパスタ

0912061 明太子だけでは味気ないので、ヤリイカも入れてみました。明太子パスタはなんだか外で食べるのは損な気がして、家でしか食べたことないな・・・。

ランチョンマットはカーテンを作った際に余った生地で作りました。これからブログにも頻繁に登場することになるでしょう。

たくみおねえさん

昨日の同期飲み会。たまたま1歳から4歳の子を持つパパが同じテーブルとなり、話題はなぜかNHKおかあさんといっしょ、歌のおねえさんに。

一人の告白を皮切りに、全員が”たくみおねえさん”の隠れファンだったということで大盛りあがり。

やれ、”ごめんください、めんください”の和服がいいとか、”ド!ド!ド!ドラゴン”の小悪魔的な顔がいいとか。。。

かつて、ひろみちお兄さんや戦隊もののイケメンに熱を上げるお母さん方を冷めた目で見ていたものだが。

入社当初は週の半分以上、会社帰りに飲んでいた同期の仲間も、いまや家庭の事情でなかなか飲む機会も減っているが、それにしてもあの時とは随分話題が変わったものだ。

めがね

先週、新調した眼鏡を取りに行き、その眼鏡をかけて同期の忘年会へ。

プライベート用として自分なりに冒険したデザインだったのだが、誰一人として(毎日一緒に昼飯を食べている奴さえ!)指摘する者はおらず・・・。

自意識過剰とはいえ、ちょっとがっかり。

自分だって、誰がどんな服を着ていたか覚えていないのだから仕方ないか。。。

ちなみに、帰宅後妻には”ビビル大木”と言われました。

そして本焼きへ

0912021 素焼きの終わった花器に釉薬をかけ、いよいよ今週末が本焼きです(右写真:窯の中、丸いのが私の。左写真:会社所有の電気窯)。

短い昼休みを利用して、台も作りました。

来週月曜に窯を開け、火曜日から文化展(展示会)。ぶっつけ本番です。

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ