« スイートポテト | トップページ | そして本焼きへ »

伝わる・揺さぶる!文章を書く

0911301_2 伝わる・揺さぶる!文章を書く 山田ズーニー 著 / PHP新書

プロローグ 考えないという傷

第1章 機能する文章を目指す

第2章 7つの要件の思考法

第3章 伝わる・揺さぶる!文章の書き方-実践編

第4章 より効果を出す!テクニック-上級編

第5章 その先の結果へ

エピローグ あなたと私が出会った意味

著者は、長年高校生を対象にした小論文通信教育に携り、その経験を活かして、独立後の現在は講演・執筆活動のほか授業企画・教育ソフトのコンテンツを手がける。自分の頭で考え、他者と関わる痛みと歓びを問いかける、心を揺さぶる表現の技術を、例文を交えながら解説していく。

とても読みやすいのは、やはり筆者に”伝わる・揺さぶる!文章を書く”能力があるからなのでしょう。自分のコミュニケーション能力を再考させられる一冊でした。

特に印象的なのは”お詫びをする”節。

”リーダーの仕事は、決めるとこ決めて、謝るとこ謝る”(本文より)

自分のこれまでの”謝罪”とは、許してもらったらゴールと考える自己満足に終わっていなかっただろうか。創造的に生きるほど、責任の範囲が増えるほど、謝る才能は重要だと言います。

この部分を読み返し、クリエイティブな職に就く者として、是非ともマスターしたいところです。

« スイートポテト | トップページ | そして本焼きへ »

書籍・音楽・映画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ