« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月の18件の記事

伝わる・揺さぶる!文章を書く

0911301_2 伝わる・揺さぶる!文章を書く 山田ズーニー 著 / PHP新書

プロローグ 考えないという傷

第1章 機能する文章を目指す

第2章 7つの要件の思考法

第3章 伝わる・揺さぶる!文章の書き方-実践編

第4章 より効果を出す!テクニック-上級編

第5章 その先の結果へ

エピローグ あなたと私が出会った意味

著者は、長年高校生を対象にした小論文通信教育に携り、その経験を活かして、独立後の現在は講演・執筆活動のほか授業企画・教育ソフトのコンテンツを手がける。自分の頭で考え、他者と関わる痛みと歓びを問いかける、心を揺さぶる表現の技術を、例文を交えながら解説していく。

とても読みやすいのは、やはり筆者に”伝わる・揺さぶる!文章を書く”能力があるからなのでしょう。自分のコミュニケーション能力を再考させられる一冊でした。

特に印象的なのは”お詫びをする”節。

”リーダーの仕事は、決めるとこ決めて、謝るとこ謝る”(本文より)

自分のこれまでの”謝罪”とは、許してもらったらゴールと考える自己満足に終わっていなかっただろうか。創造的に生きるほど、責任の範囲が増えるほど、謝る才能は重要だと言います。

この部分を読み返し、クリエイティブな職に就く者として、是非ともマスターしたいところです。

スイートポテト

0911291 鹿児島の伯母から届いたサツマイモをスイートポテトにしました。ラム酒をしっかり効かせ、今回はレーズンのかわりにリンゴジャムが入っています。

さすが、本場のサツマイモの味は濃厚。娘も喜んで食べていました。

クリスマスモード

0911281_2 日が暮れるのがますます早くなってきました。我が家の外にはポインセチアに加えクリスマスピックも登場し、いよいよクリスマスモードとなってきました。

変わらないもの、変わったもの

0911261 母校で開催された学会に出席。銀杏がちょうど見頃でした。在学中も卒業後も、毎年変わらず色づいていたはずの銀杏。その同じ銀杏を見て、私の中の感じ方は大きく変わっていました。

続きを読む "変わらないもの、変わったもの" »

大掃除キット

0911231 ダイソンの”大掃除キット”が届きました。上二つのアタッチメントに、グッズを入れる袋とエプロン、お掃除ガイドブックが入って、期間中ダイソン掃除機を購入した先着15,000名にプレゼントという代物。

ガイドブックには、人間は1週間に約28g(ポテトチップ1袋分に相当)の皮膚角質を排出するとの記載があり、ゾッとしました。

掃除嫌いの私も少しは変わることができるでしょうか。。。

鮭とじゃがいものグラタン

0911221 男子ごはん、先週放送のレシピです。ホタテの貝柱とじゃがいもがあったので、その他の材料をそろえて作ってみました。

ホワイトソースではなく、たっぷりの生クリームと牛乳を使うのが特徴。従来のレシピに加え、エビとトウモロコシも加えました。

グラタンにしてはユルユルのシチューみたいになってしまいましたが、簡単で味はバッチリでした。

つまみ各種

0911211 <塩豚> 豚ロース塊肉に塩をすり込み、冷蔵庫で一晩寝かせます。30分ボイルしスライスして、ごま油と昆布茶で味付けしたネギ塩を添えていただきます。

0911212 <カワハギのみりん干し> 失敗作から学び、三枚におろした後、再度調味液にしっかりつけ込み、一晩干しました。期待通り、お酒に合うパンチの効いた一品に生まれ変わりました。

0911213 <イカのわた焼き> こちらは定番。スルメイカの自家製塩辛をアルミ箔で包み、グリルで焼きます。半生くらいが食べ頃です。

昨日は大学時代の友人が遊びに来たので、たくさんの手土産やこれらつまみとともにうちで軽く(?)一杯やった後、外でしっかり飲んできました。

案の定、今日は廃人ですshock

本気度

会社の先輩から英語上達のためのサイトとその関連本を紹介されました。

来年3月からアメリカへ留学するその先輩は、留学が決まってから毎朝早起きして2時間、みっちり英語の勉強をしているそうです。子供3人を連れての渡米ですから、本気度が違います。

先輩曰く、瞬間英作文とシャドーイングは効果的なのだとか。よく、英語もスポーツも同じだと言いますが、声を出して口が覚えるまで繰り返すというのも重要なのでしょう。

私も年明けにTOEICを受験予定なので、参考にさせてもらうつもりです。

まぐれ

0911181 まぐれ-投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか ナシーム・ニコラス・タレブ 著 / 望月 衛 訳 / ダイヤモンド社

第1部 ソロンの戒め 歪み、非対称性、帰納法
第1章 そんなに金持ちなら頭が悪いのはどうしてだ?
第2章 奇妙な会計方法
第3章 歴史を数学的に考える
第4章 たまたま、ナンセンス、理系のインテリ
第5章 不適者生存の法則──進化は偶然にだまされるか?
第6章 歪みと非対称性
第7章 帰納の問題
第2部 タイプの前に座ったサル 生存バイアスとその他のバイアス
第8章 あるいはとなりの億万長者でいっぱいの世界
第9章 卵を焼くより売り買いするほうが簡単
第10章 敗者総取りの法則──日常の非線形性
第11章 偶然と脳──確率をわかるのに不自由
第3部 耳には蝋を偶然という病とともに生きる
第12章 ギャンブラーのゲンかつぎと箱の中のハト
第13章 カルネアデス、ローマへきたる──確率論と懐疑主義
第14章 バッカスがアントニウスを見捨てる
エピローグ ソロンの言うとおり

島岡先生の研究者の仕事術で紹介されていた推薦図書。

目次を見て非常に興味深い内容だったので読み始めたのですが、前評判で”タレブの教養とウィットの効いた非常にトリッキーな本”というだけあって、とにかく読み続けるのに骨が折れました。

私たちはある一定の範囲内の確率論で物事を考えがちですが、時に確率は非常に低いがインパクトの極端に大きな出来事が起きることがあります。これを本書では”黒い白鳥(ブラックスワン)”と呼び、そういったまれな事象(偶然、たまたま)に焦点が当てられているのですが。。。

実際、本書の半分も理解できませんでしたが、後知恵や確率を見るときの”バイアス”などには、我が身を振り返り納得させられました。

また本書で取り上げられた”ブラックスワン”を研究の面からとらえれば、世紀の大発見とは確率としては非常に低く、まれにしか起こらないという点でまさにこれが当てはまるのではないかと思うのです。

しかし、昨今の行政刷新会議による事業仕分けでは、文科省の様々な研究開発プロジェクトが縮小や廃止の対象となるのを見るにつけ、民主党政権の目には統計的に一定範囲内に収まる事象しか映っておらず、ブラックスワンへの投資は全く無視されているのだと感じる今日この頃です。

ポインセチア

0911151 花屋にポインセチアが並ぶ季節になりました。今年はこんな色も。サントリーの青いバラが話題になりましたが、これは後から着色しているのだとか。

DC26 Pink

0911141_2 私が上京して以来、14年以上使っている掃除機。喘息対策には空気清浄機よりまずそっちだろうということで、ダイソンのDC26を購入しました。

このピンク色は、ダイソン社の乳がん啓発ピンクリボン活動への貢献をアピールする限定色(一台売れるごとに\2,000が寄付される)。

これまでにもダイソン掃除機を購入検討したことがあり、その大きさと重さに加え、騒音と値段の高さがネックとなっていましたが、前の二つはずいぶん改善されたように思います。

早速、使ってみてパック式の掃除機との違いを実感したのは、ゴミがたまっていく様子が見えるという点。科学的に実証されている吸引力の持続もすごいのでしょうが、”こんなに取れた”という快感がその効果を何割増しにも感じさせるのでしょう。

とにかく、掃除嫌いのズボラな私が積極的に掃除機をかけているのですから、妻にとっても良い買い物であったに違いありません。

何とか素焼きへ

09011111 およそ二ヶ月ぶりの陶芸部。なかなかまとまった時間がとれず、作りかけの花器の表面は熟成された鰹節の様。

結果的にじわじわ乾燥できたので、ひび割れも最小限に抑えられたが、もはや新たに水分を足しながら加工することができなくなってしまった。

最初のイメージとはずいぶん違ってしまったが、とりあえず上部に穴を開け、絵を彫って今週末の素焼きに何とかこぎ着けた。

12月の文化展にギリギリ間に合うか・・・。

お弁当持って

0911081 一ヶ月逆戻りしたかと思うほどの陽気が続いた今日。従姉妹が子連れで遊びに来るということで、お弁当を持って近くの和田堀公園へ。

娘の運動会が入院のため流れてしまったので、今日はそのリベンジとばかりに張り切って作りました。

手前から、山菜おこわのおにぎりとスイートパンプキン(無印のキットをアレンジ)。奥は、エビとほうれん草のキッシュにタンドリーチキンです。

外でお弁当を食べて気持ちいい陽気も、今年最後だったかもしれません。お重も風呂敷も今年のうちに役目を果たせて良かった良かった。

空気清浄機

娘が喘息と診断されたため、空気清浄機&加湿器を見に量販店に行ってきた。

”ナノイー”だの”プラズマクラスター”だの、いろいろ説明を聞きましたが、最後は訳がわからなくなり、カタログだけもらって帰宅。

あまりにも不勉強であったため、改めてカタログやネットで調べてみると。。。

どちらも放電によって発生させたイオンを水分子に包んで飛ばし、ウィルスやダニ・カビなどのアレルゲン、臭い分子をヒドロキシラジカルの酸化力によって不活化、分解するというものらしい。

ただ、空気清浄機は効果を実感しづらい代物。

やれ”ランプが赤から青に変わった”だとか、わざとおならをしたり布団をはたいて効果を確かめ、一喜一憂しているネット口コミ見る限り、結局その程度の物かという気になってしまう。

タバコやペットの臭いが気になるわけでもなく、娘の喘息もひとまず落ち着いているので、この冬は洗濯物を部屋干しして、加湿器代わりにすれば十分という結論に落ち着いた。

すぐそこまで

ついに、隣クラスではあるが娘の保育園で、新型インフルエンザの感染者が確認された模様。

会社の同僚も、小学生の子供の隣の席の子が感染したと、今日からマスクを着用。

東京都では、就学前の幼児は前倒しで11月16日から予防接種が始まるというが、免疫獲得が早いか感染が早いかは微妙なところ。。。

現在妊娠中の友人も結構いるので心配。

油断禁物

0911031 よく晴れましたが寒い一日でした。今日は近くの神社へ七五三の様子を見に散歩へ(写真は境内で行われた菊花展の様子)。

普段は閑散としている境内も、可愛らしい着物に彩られ、活気づいていました。今日あたりがピークでしょうか。

それにしても、最近三人で近所を散歩していると、妻の知人の多さに驚かされます。子供を通して知り合った方々ばかりだが、おかげで私もあまり油断した格好で外出できない・・・。

牛おこわ

0911021 ”男子ごはん-秋の行楽弁当”でやっていた牛おこわのレシピで。番組ではウズラの卵を入れたおむすびにしていました。

牛おこわ(2人分)
 もち米:2合
 牛肩ロース薄切り肉:200g
 タケノコ水煮:100g
 しいたけ:3個、しょうが:1片
 (うずらの卵水煮:6個)
 a オイスターソース・しょうゆ:各大さじ1
   みりん:大さじ1/2
   塩:1つまみ、ごま油:少々

タケノコ、しいたけがゴロゴロ入って、しょうがの香りがとてもよく合う一品。

ケンタロウお得意のオイスターソースも入っていて、最近うちのオイスターソースの消費量も急増しています。

0911022 こちらはおまけの、豚バラ肉リッチなネギマ。色彩は地味ですが、ビールの進む献立でした。

カワハギのみりん干し

0911011 カワハギのみりん干し。

昨晩から干してあった物を早速試食。漬け込み時間は適当だったのでどうかと思いましたが・・・。

うーん、いまいちパンチに欠けましたね。

やはり三枚におろした切り身でやるべきでした。表面は美味しいのですが中の方がやはり淡泊すぎ。

昨晩、眠気と疲労に勝てず横着をしたのが悔やまれます。やはり美味しい物を食べようと思ったら妥協はいけませんね。

アジの開きなんかは冷凍しておくと熟成され美味しくなりましたが、残りのみりん干しも同じようにならないかと期待しています。

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ