« 焼津グランドホテル | トップページ | 南マグロと生ワサビ »

焼津さかなセンター

090428b この旅のもう一つの目的である”焼津さかなセンター”へは前日の下見を含め二度も通ってしまった。とにかく魚市場は興奮する。

連日、海は荒れ模様のため鮮魚のよいもが少なかったのは残念だったが、焼津の名物の一つである鮪に関しては天候に関係なく品揃えは充実していた(写真は鮪の兜焼)。

090428c 昨今の産地偽装問題のためか、売る側も”うちはちゃんとしている”という説明には熱が入る。

中央に見えるのは鮪につけられたタグ。この番号を照合すれば焼津港で水揚げされたことも、どの船がどこで捕ったものかも分かるのだとか。もっとも、この場では客は”そうですか”と頷くしかない。

また、この店のおばちゃんが言うには、本マグロより脂に甘みのあるのが写真にある南マグロらしく、その熱弁に圧倒され、結局随分散財してしまった。

刺身の切り方までしっかりご教授いただいたので、後日、静岡産の生ワサビとともに食すのが楽しみ。

« 焼津グランドホテル | トップページ | 南マグロと生ワサビ »

静岡食べある記」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 焼津さかなセンター:

« 焼津グランドホテル | トップページ | 南マグロと生ワサビ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ