« イラのネギ味噌ホイル焼き | トップページ | パイント »

WBC

日本、勝ちましたね~。

それにしてもイチロー、今大会はチャンスに打てず試合後のインタビューでは”ああ、イチローも人の子なんだな”と思わせるような弱音を吐く場面も。

常人には考えられないプレッシャーの中で、最後はきちんと結果を残すあたり、やっぱり普通じゃないですよね。

日韓のガチンコ勝負に終始したWBCでしたが、それでもなお決勝はアメリカでやり続けるのでしょうか。。。

普段意識しないナショナリズムでも、スポーツで日本代表を応援しているときはやはり熱くなってしまいますね。また、スポーツを通して相手国との友好関係を築き、試合が終わればお互いをたたえあうという姿は非常に美しいと思います。そういう意味では、韓国チームがアジアシリーズ決勝で勝利した後、マウンドに国旗を立てるという行為は非常に残念でした。

« イラのネギ味噌ホイル焼き | トップページ | パイント »

ノンジャンル」カテゴリの記事

コメント

まったくおっしゃる通りですな。
最後、イチローと勝負に行ったのは、イチローを倒してこそ本当の世界一!!と韓国が考えたのだと思ったのですが、ただのサイン違いだったらしく、それはちょっと拍子抜けしました。
あとTAKAの書くように、マウンドに国旗を立てた韓国ナインは残念です。
五輪の時にはソフトボールで日本女子が優勝しましたが、その後にアメリカチームなどもグラウンドに集まって、「ソフト五輪存続」を皆で訴えていた姿には感銘を受けたものです。
やはりラグビーと同様に「ノーサイド」の精神をもってスポーツをやりたいものです。
ただ自身もスポーツをやっていて、負けたときには本当に悔しいと思いますので、単純に「ノーサイド」と言えない部分もあるのは十分に承知していますが。
まずは韓国には「スクールウオーズ」を見て、そこら辺を勉強していただきたいと思います。
人生のいろいろな部分で「One for All, All for One」の精神を活かして行きたいと思いました。

北京五輪の女子ソフトボールのことは私も鮮明に覚えています。あれは見ていて非常にすがすがしい一場面でした。
日本が韓国を意識する以上に、韓国が日本を意識しているのは分かります。それだけに一時の勝利に興奮し、あのような愚かな行為をしてしまったのかもしれません(竹島問題が一瞬頭をよぎったのは私だけではないでしょう)。ただ、ひとたび冷静になれば韓国の選手も軽率な行為を後悔したのではないでしょうか。あの件に関して、韓国メディアや世論の反応はどうだったのでしょうね。
もし、逆に日本の選手が同じことをしたら、多くの日本人は不快に感じると思うのですが。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: WBC:

« イラのネギ味噌ホイル焼き | トップページ | パイント »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ