« 煮豚丼 | トップページ | ごめん »

景気対策

大前研一氏のコラムに消費者心理を利用した景気対策について述べられており、なるほどと思った。

先進国における生活必需品以外の消費は、”今のものを使い続けよう”という心理と”新製品が出たから買い換えよう”という心理によって左右され、その違いは紙一重という。そこで、お金を使ってくれそうな人の背中をポンと押すような景気対策こそ効果的というのである。

ばら撒いた金額以上に効果をだすには。。。

岡山県総社市(そうじゃし)が不況にあえぐ部品会社を救済するため、地元倉敷市水島の三菱自動車のクルマを買う人に10万円の助成金を支給した結果、希望者が殺到したという。

2011年7月にアナログ放送が終了するが、我が家のように未だにデジタルテレビを買うチャンスをうかがっている家庭にとって、何らかのインセンティブがあれば間違いなくこの機会に購入するだろう。

また、預金口座に振り込まれる定額給付金よりも、中途半端な額(\2,000 x 6枚など)でお釣りの出ない期限付きの金券をばら撒く方が、同額であっても確かに効果的に思える。

« 煮豚丼 | トップページ | ごめん »

ノンジャンル」カテゴリの記事

コメント

水島市ではなくて倉敷市水島です。
水島市は歴史上存在したこともありません。

ご指摘ありがとうございました。
参考資料の内容が正しいものなのかを確かめずに掲載してしまいました。以後気をつけます。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 景気対策:

« 煮豚丼 | トップページ | ごめん »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ