« 初詣 | トップページ | 星占いと天気予報 »

女と男 最新科学が読み解く性

NHKで非常に興味深い番組をやっていました。

女と男 最新科学が読み解く性

全三回で放送された内容は

第1回 惹(ひ)かれあう二人 すれ違う二人
第2回 何が違う? なぜ違う?
第3回 男が消える? 人類も消える?

男女はなぜ惹かれあうのか。脳科学はいま、恋のメカニズムを解明しつつある。その中心はドーパミンという脳内物質。快楽を司るドーパミンの大量分泌が恋する二人の絆となっているのだ。ところが脳科学は同時に、皮肉な状況も浮かび上がらせている。高い代謝を要求するドーパミンの大量分泌は身体への負担が大きく、長く続かない。そのため、“恋愛の賞味期間”はせいぜい3年ほどだというのだ。そこで、男女関係はどうすれば長続きするのかという科学的な探求がさまざま進められている。アメリカでは30年に及ぶ家族の長期研究を通して、長続きしない男女関係では、男女差が大きな障害になっている事実が浮かび上がってきた。たとえば、女は、相手の顔の表情から感情を簡単に読み解くが、男は必死に脳を働かせてもハズす。女が悩みを相談するとき、話を聞いてもらいたいだけなのに、男は解決策を示そうとしてしまう。番組では、ワシントン州立大学の離婚防止のカウンセリングプログラムに密着し、「子育てを成し遂げる関係から、お互いの人生に影響を与え合う関係へ」と変わるなかの男女関係を描く。(NHK HPより)

かつて、”話を聞かない男、地図が読めない女”という日本で200万部を売ったベストセラーがあったが、果たして女性は本当に地図が読めないのか?

確かに空間認識能力は男性の方が勝るというデータもあるが、女性も目印を示すことによって(たとえば”大きな木のある角を右、銅像のある角を左”など)目的地に到達できる確率が飛躍的に向上することが、番組内の実験でわかっている。これは、女性が採集生活する上で、食料のありかに再び到達できるよう身につけた能力なのだという。一方、男性が話を聞かないのは番組でも肯定的で、男性は女性の話を聞き終わる前に解決策を模索しようとする。解決策などはじめから無いのに・・・bleah

もう一つ面白い話として、男女が言い争いをするとき、男性の心拍数は上昇するのに対して、女性は一向に変化しないのだという。これは男性が狩猟生活する上で、獲物(敵)に遭遇したらすぐに攻撃態勢に入れるために身につけた能力なのだという。そして心拍数が限界に達すると防御体制に入る、すなわち話を打ち切るのは9割以上が男性なのだとか。これには実体験を踏まえ非常に納得がいくsweat02

さらに、第3回に取り上げられた、男の性を司るY染色体が消滅しつつあるという話。近年、男性の精子の濃度とその活動が劇的に低下しているという話には危機感を覚える。一夫一妻制を基本としてきた人類にとって精子の弱体化は必然的なもの。対照的に乱婚が基本のチンパンジーの精子の顕微鏡映像が紹介されたが、そのおびただしい数と元気の良さには息を呑むほどwobbly

体外受精が初めて行われ既に30年が経つというが、人工的な受精が精子の弱体化に拍車をかけることを危惧している研究者もいる。また、番組に登場した体外受精によって生まれてきた子がそろいもそろって女性であった点にも空恐ろしいものを感じる(Y染色体を持つ精子は、体外受精を行う現場でも見向きもされないということか)weep

NHKのサイトには、”女と男 違いを探る 表情を読む&空間認識テスト”もあり、私も実際やってみました。おそらく私は平均的男性よりもさらに表情を読むのが苦手です(空気を読むのも苦手?)

NHKオンデマンドtvから見られますので、理解しあえない男女間の差異についてお悩みの方に是非おすすめです。 

« 初詣 | トップページ | 星占いと天気予報 »

ノンジャンル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094836/27073303

この記事へのトラックバック一覧です: 女と男 最新科学が読み解く性:

« 初詣 | トップページ | 星占いと天気予報 »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ