« サーモンの香草パン粉焼き | トップページ | 陶芸部見学 »

12人の優しい日本人

三谷幸喜つながりで紹介する映画は

0911131 12人の優しい日本人 監督:中原俊 脚本:三谷幸喜 出演:塩見三省、豊川悦司、上田耕一 他

もし日本にも陪審員制度があったらという仮定に基づいて、ある殺人事件の審議に奮闘する12人の陪審員の姿をユーモラスに描く。東京サンシャインボーイズによる同名戯曲の映画化で、脚本は同劇団主宰の三谷幸喜が執筆。まだ”裁判員制度”という言葉も存在していない1991年の作品。

女子高体育教師、精密機械製造会社社員、喫茶店店主、元信用金庫職員、商事会社庶務係、医薬品会社セールスマン、タイル職人、主婦、開業歯科医、クリーニング店経営、役者、大手スーパー課長補佐という12人の特徴が実によく表現されており、そのドタバタ劇から最後の落ちまで三谷幸喜さすが!と思わされる作品です。

裁判員制度は2009年5月21日から始まります。それにあわせてテレビで様々なドラマや特集が組まれていますが、この作品も一見の価値アリだと思います。

« サーモンの香草パン粉焼き | トップページ | 陶芸部見学 »

書籍・音楽・映画」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 12人の優しい日本人:

« サーモンの香草パン粉焼き | トップページ | 陶芸部見学 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ