« 山椒 | トップページ | 乾杯の作法 »

大河ドラマ

毎週日曜日、楽しみに見ていた”篤姫”が昨日、ついに最終回を迎えた。視聴率は28.7%で、期間平均視聴率も24.5%となり、”毛利元就”(1997年放送・23.4%)を超えて過去10年で最高だそうだ。

主演の宮崎あおいも良かったが、小松帯刀役の瑛太も堂々とした演技ではまり役であった。私は小松帯刀という人物をこのドラマで初めて知ったが、私の中ではこの先瑛太でインプットされることになるだろう。

さて、来年は直江兼続が主人公の”天地人”。

戦国時代は大河ドラマの定番なので、これまでの作品におけるキャストと比較してみるのも面白い。特に2007年放送の”風林火山”でGacktが演じた上杉謙信役を、今回は阿部寛が演じることになる。私の中での謙信像は圧倒的に阿部寛の方がはまり役なので、前半からとても楽しみにしている。

« 山椒 | トップページ | 乾杯の作法 »

ノンジャンル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大河ドラマ:

« 山椒 | トップページ | 乾杯の作法 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ