« お歳暮 | トップページ | 国際学力テスト »

ホメオパシー

昨晩、娘がずいぶん咳き込んでいた(らしい)。妻がホメオパシーで知られるレメディを処方すると一発でその咳が止まった(らしい。私は熟睡していてほとんど気づかなかった・・・)。

ホメオパシーについては私も勉強不足だが、要約すると何らかの症状(咳、発熱、痛みなど)をもたらす極微量の成分を摂取することで、人間の自己治癒力を喚起させ症状を治すというものらしい。そして、レメディとは植物・鉱物・昆虫などの成分を徹底的に薄め、砂糖玉にしみこませたもの。基本的には砂糖なので、医薬品のような副作用はなく小さな子供に与えても安心とされている。

この希釈の度合いが半端ではなく、10の24乗倍とも10の60乗倍とも説明されている。約10gの塩でさえ分子の数にして10の23乗個なのにである(アボガドロ定数!懐かしい)。希釈前のものがいったいどれだけの量なのかわからないが、砂糖玉一粒に含まれる成分は分子の検出限界を超えているのではないか?ということは単なる砂糖玉?

ただ、実際効果はてき面なのでそれがまた謎である。一歳半にもみたない娘に”病は気から”という言葉は当てはまりそうにないし。

職業上非常に興味深いこのホメオパシーを、もう少し勉強する必要がありそうだ。

« お歳暮 | トップページ | 国際学力テスト »

ノンジャンル」カテゴリの記事

コメント

ホメオパシー?レメディ?
それはドラッグストアでも手に入るの?
サイトを見たけど、私の頭では理解できず。

いや、理解しようとしないだけか・・catface

実は私もよく理解していないので、製薬会社に勤務する者としてどう解釈したらいいのか困っているところです。
うちにあるのは妻がドイツから個人輸入したものです。もし興味があればこちらのサイトを参考にしてみてください。
http://www.marienremedy.com/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1094836/26064426

この記事へのトラックバック一覧です: ホメオパシー:

« お歳暮 | トップページ | 国際学力テスト »

2015年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ