« カワハギのお造り・肝添え | トップページ | 秋冬モード »

カワハギの煮付け

0811029 残ったカワハギは次の日煮付けに。

カワハギはその名の通り、紙やすりのような皮は手で簡単にむくことができ、これが結構面白い。口と角を落とし、そこから皮をむき、背びれ、胸びれも手でむしりとるとこんな感じになる。肝以外の内臓を出してきれいに洗えば下ごしらえは完了。

酒、醤油、みりん、砂糖と生姜を加え、ひと煮たちさせたらカワハギを並べて入れ、汁をかけながら煮ること10分少々。

08110210 煮付けた肝もまた口の中でとろけて最高です。

刺身は食べられなかった娘にも、煮付けの方は食べさせてやるとたいそう気に入った様子。しゃべっている言葉は良くわからないが、私には”パパ、またおさかな釣ってきて”と聞こえたような気が・・・。

« カワハギのお造り・肝添え | トップページ | 秋冬モード »

料理」カテゴリの記事

釣り」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カワハギの煮付け:

« カワハギのお造り・肝添え | トップページ | 秋冬モード »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ