« エビとイカのワインビネガー煮 | トップページ | パパはつらいよ »

副都心線

6月14日に開通して以来、初めて副都心線に乗った。特に渋谷駅は、建築家・安藤忠雄による”地中の宇宙船”をイメージした斬新なデザインとなっており、既に多くのメディアに取りあげられている。

0810192 急いでいたので、その全貌を確認することはできなかったが、偶然通りがかったところに”宇宙船”の先端部分(と思われる)が姿を現したので、記念にパチリ

目的地は新宿伊勢丹、渋谷駅から急行で新宿三丁目駅までたったの5分。電車の中もガラガラで、改札を出ればエスカレーターを二つほど経て伊勢丹の食料品フロア。一方、改札を出て逆方向へ300mほど一本道の地下道を行けば新宿高島屋へアクセスできる。午前中ということもあり人もまばらで、このルートを知ってしまったらもうあのゴミゴミしたJR新宿駅は通りたくなくなる。

事前情報では副都心線はとても深く、乗り換えなどが不便というイメージがあったが、途中のエスカレーターも短いものが多く、目的地も地下であったりすることからさほど気にならない。副都心線が開通することで新宿の人の流れが変わるといわれていたが、実際のところはどうなのだろうか。今日に限って言えば非常に空いており、いまいち定着していない感じだった。私としてはこのまま”いまいち使いづらい”というイメージで行って欲しいが・・・。

« エビとイカのワインビネガー煮 | トップページ | パパはつらいよ »

ノンジャンル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 副都心線:

« エビとイカのワインビネガー煮 | トップページ | パパはつらいよ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ