« 本牧海づり施設 | トップページ | ノーベル賞 »

俳優 緒形拳

俳優、緒形拳氏が今月5日に亡くなっていた。享年71歳。以前から肝がんを患っていたとのこと。

NHKの”プラネットアース”に出演しており、楽しみに見ていた。番組の中ではその渋いナレーションとともに、緒形拳自ら洞窟や砂漠に赴き、ゼェゼェ言いながら砂丘を登っていたのを見て、”緒方拳も歳とったなぁ、そこまでしなくてもいいのに”などと感じたものだ。

一方で、昨年の大河ドラマ”風林火山”では敵方上杉謙信の参謀、宇佐美定満役を演じ、朴訥ながらとても自然で、いい味を出していた。

いずれもがんと戦いながらの出演だった。

以下、緒形拳氏の言葉。

”俳優は70、80を過ぎた頃が一番いい。体は言うことを聞かなくなるし、物事の分別もついてくる。”

”演じることは、演じないこと。”

ご冥福をお祈りします。

« 本牧海づり施設 | トップページ | ノーベル賞 »

ノンジャンル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 俳優 緒形拳:

« 本牧海づり施設 | トップページ | ノーベル賞 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ