« 東京都児童館 | トップページ | アップルパイ »

ウニクリームパスタ

以前テレビで、家庭でできる”ウニクリームパスタ”の作り方をやっていたのを思い出し、記憶をたどりながら再現してみた。用意するのは

1.アメリケーヌソース 一缶

2.粒ウニの瓶詰 一瓶

3.生クリーム 少々

アメリケーヌソースとは”海老の頭と殻をブイヨンで煮込んでミソの旨味と殻の芳ばしさをソースに移して生クリームなどとあわせて作ったソースの総称”だそうで、スーパー行く度に探していたのだが結局見つからず、今回はロブスタースープで代用。

0809061_12 しかし、 これがなんと近くのスーパーで\840(ずーっと売れずに残っていたのか少し埃がかぶっていた)。ドイツ製で”最高級のコニャックとロブスターの風味が見事に溶け合ったスープです”とある。これにスーパーで安売りの粒ウニ瓶詰めを混ぜるのは少々ためらわれたが、2/3だけ使ってあとは別料理のためにとっておいた。

作り方はいたってシンプル。

1.アメリケーヌソースをフライパンで温める。

2.粒ウニ瓶詰めを少しずつ入れながら溶かし、生クリームを大さじ2加える。

3.茹でたてのパスタ(今回は細めのものを使用)をフライパンに入れソースと絡める。

4.皿に盛り付け、きざみ海苔を散らして出来上がり。

0809063_8なんとも濃厚で、ウニと海苔による磯の香りがたまらない一品となった。以前、どこぞのレストランのレトルトウニクリームソース(\420)を試したが、それよりも味に深みがあり美味しかった。おそらくウニだけではない、ロブスターのミソが利いているに違いない。あまりにソースが濃厚でパスタだけおかわりが欲しいくらい。フライパンに残ったソースもパンにつけてきれいに平らげました。

次回は、本当のアメリケーヌソースでも試してみよう。

« 東京都児童館 | トップページ | アップルパイ »

料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウニクリームパスタ:

« 東京都児童館 | トップページ | アップルパイ »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ